セイラ・ベンハビブ

 以前に紹介した、The Claims of Culture. Equality and Diversity the Global Era の著者である、セイラ・ベンハビブの著書(邦訳)を取りあげます。日本では、この著書を通じて、ベンハビブは知られるようになったものと思いますが、現代アメリカの政治思想を代表する論客の一人である。カントからハーバーマスというラインで、討議倫理学の立場から、フェミニズムや多文化主義を論じている。

セイラ・ベンハビブ
『他者の権利──外国人・居留民・市民』
法政大学出版局、2006年。

謝辞

序論
1 歓待について──カントのコスモポリタン的権利の再読
2 「権利をもつ権利」──国民国家の矛盾をめぐるハンナ・アレント
3 〈諸国民の法〉、配分的正義、移住
4 市民資格の変容──ヨーロッパ連合
5 民主的反復───ローカルなもの、国家的なもの、グローバルなもの
結論──コスモポリタン的連邦主義

註記
訳者あとがき
文献一覧
索引

 国民国家、市民という問題は、その発祥の地であるヨーロッパで大きな転換点を迎えつつある。これは、将来的に東アジアの状況ともなるだろうか。その中で、宗教は、キリスト教はどこに立ち、何を行うのだろうか。キリスト教も止まっているわけではない。
 しかし、このマクロな動向に直面して、一億人の人口を保持するとしつつも見当外れの政策しか遂行できないこの国にいかなる展望があるだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR