日米における政教分離

 信教の自由や政教分離は、近代の文脈で、キリスト教と政治を論じる上で中心的な問題として位置づけられる。これに対しては、政治哲学的な考察をふまえた理論的考察(この点は本ブログでも重要な課題である)も重要であるが、歴史的な事例に則した実証的な分析を欠くことはできない。
 今回紹介の文献は、政教分離の問題を、日米の歴史的事例に則して論じた論文集である。

和田守編
『日米における政教分離と「良心の自由」』
ミネルヴァ書房、2014年。

序章 政教分離と信教の自由をめぐって(和田守)

第I部 宗教と政治のあいだ
第1章 アメリカ植民地時代の政治と宗教──マサチューセッツとコネチカット(小倉いずみ)
第2章 初期アメリカにおける政教分離──マサチューセッツを中心に(大西直樹)
第3章 神話と現実──合衆国における政教分離(デイヴィッド・ホール、大西直樹訳)
第4章 近代日本における政教分離──国家神道体制と信教の自由(和田守)

第II部 政教分離の展開
第5章 アメリカのクリスマス──政教分離の問題(大西直樹)
第6章 アメリカの移民政策と〝WASP〟──見えざる「国体」をめぐって(五味俊樹)
第7章 天皇制国家と信教の自由──立憲政治の展開を通して(和田守)

第III部 宗教と政治の現在
第8章 「宗教と政治」の現在──政治理論の視点から(千葉眞)
第9章 カナダに独自な政教分離の試み──憲法と教育制度(加藤普章)
第10章 戦後日本の政教分離と靖国問題(千葉眞)

あとがき
人名・事項索引 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR