メディアと宗教

 メディアは宗教にとっても、さまざまな観点(宗教に利用されるメディア、あるいは宗教を利用するメディア。メディアによって形成される宗教意識、メディア=文化の宗教性などなど、そして倫理)から問われるべきテーマであり、少なからぬ議論がすでに進行中である。メディアと宗教とは、決して現代だけの問題ではないものの、優れて現代的なテーマである。
 問題状況を整理する上で、参照できる文献を紹介したい。

Jeffrey H. Mahan (ed.),
Media, Religion and Culture. An Introduction,
Routledge, 2014.

List of Figures
Notes on Contributors
Foreword (Stewart M. Hoover)
Acknowledgements

Part 1
Religious Identity in media cultures

1 Relating media, religion, and culture
  Consuming Oprah's products, consuming Oprah's spirit (Kathryn Lofton)
  Telegraphing as spirit (Jeremy Stolow)
2 Making and articulating religious identity
  When Gods fall (off their bike) (Pete Ward)
  Digital storytelling and narratives of identity: Abel's story (Lynn Schofield Clark)
3 Believing and practicing in a digital world
  Mom blogs and the religion of everyday life (Deborah Whitehead)
  Online puja and puja online: believing and practicing in a digital world (Grace Chiou)

Part 2
Religion in the midst of change

4 Old and new media
  Gaming the end times (Rachel Wagner)
  Codex to Kindle (Michael Hemenway)
5 Stability and change
  Altmuslim: media spaces for a modern Muslim voice (Nabil Echchaibi)
  Religious tracts in the eighteenth century (David Morgan)
6 Organized religion in the age of digital media
  Wicca and religious freedom networking in the digital age (Sarah M. Pike)
  Advertising that "I'm a Mormon" (Benjamin Thevenin)

Part 3
Ethics and esthetics

7 To censor, shape, or engage with media and the arts?
  Koshering the cell phone (Heidi A. Campbell)
  Muslim monsters (Sophia Shafi)
8 Reading, listening, watching
  Creating mythology through cinematography (S. Brent Plate)
  Katy Perry's Firework (Dan Clanton)
9 Case studies

Glossary of key terms
Annotated bibliography
Index

 多岐にわたる問題の局面をうまくまとめている。教科書として使うこともできるような工夫が見られる。こうした論文集を、日本の文化状況に即して作るとどうなるだろうか。3年程度の共同研究プロジェクトを実施し、その成果をまとめるとよいのかもしれない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR