「脳・心・人格」文献紹介(ブログ「キリスト教思想研究の現在」からの移転)3

ブログ「キリスト教思想研究の現在」の「脳・心・人格」文献紹介に掲載されていた記事を本ブログへ移行しつつありますが、今回はその3回目です。

5.脳科学、「宗教と科学」関係論の文脈で(2)──宗教経験の脳科学
Patrick McNamara (ed.),
Where God and Science Meet.
Volume One: Evolution, Genes, and the religious Brain
,
Praeger Publishers, 2006.

 前回は、上記の文献を紹介しましたが、今回は、第二巻目を紹介します。

Patrick McNamara (ed.),
Where God and Science Meet.
Volume Two: The Neurology of Religious Experience
,
Praeger Publishers, 2006.

Chapter 1 The Chemistry of Religiosity: Evidence from Patients with Parkinson's Disease (Patrick McNamara, Raymon Durso, Ariel Brown, and Erica Harris)
Chapter 2 Religious and Spiritual Practices: A Neurochemical Perspective (Andrew B. Newberg)
Chapter 3 Neuroimaiging Studies of Religious Experience: A Critical Review (Nina P. Azari)
Chapter 4 Religion and the Life Course: Is Adolescence an "Experience Expectant" Period for Religious Transmission ? (Candace S. Alcorta)
Chapter 5 Neurotheology: A Science of What? (Mathew Ratcliffe)
Chapter 6 Religion as a By-Product of Evolved Psychology: The Case of Attachment and Implications for Brain and Religion Research (Pehr Granqvist)
Chapter 7 Religious Coversion, Spiritual Transformation, and the Neurocognition of Meaning Making (Raymond F. Paloutzian, Erica L. Swenson, and Patrick McNamara)
Chapter 8 Religion and the Brain: Evidence from Temporal Lobe Epilepsy (Steven C. Schachter)
Chapter 9 The Frontal Lobes and the Evolution of Cooperation and Religion (Patrick McNamara)
Chapter 10 Mind Design and the Capacity for Ritual Performance (Carl Seaquist)
Chapter 11 The Brain, Religion, and Baseball: Comments on the Potential for a Neurology of Religious Experience (Warren S. Brown)

 脳科学が宗教研究に対していかなる意義を有するかについては、ようやく議論が始まったばかりであるが(日本では議論と言える段階にも至っていない)、研究状況は急速に進展しつつある。この文献が示す宗教経験への脳科学からのアプローチは、何を意味しているだろうか。次回は、第三巻目(最後の巻)を紹介します。


6.脳科学、「宗教と科学」関係論の文脈で(3)──『宗教経験の心理学』
今回は、最終巻(第三巻)の『宗教経験の心理学』を紹介します。脳科学のみならず、宗教と心をめぐる多様な研究が収録されており、「宗教経験の心理学」というタイトルでまとめるにふさわしいものと言えるでしょう。

Patrick McNamara (ed.),
Where God and Science Meet.
Volume Three: The Psychology of Religious Experience
,
Praeger Publishers, 2006.

Chapter 1 The Neuropharmacology of Religious Experience: Hallucinogens and the Experience of the Divine (David E. Nichols and Benjamin R. Chemel)
Chapter 2 The Relationship between Religion and Health (Andrew B. Newberg and Bruce Y. Lee)
Chapter 3 Religion, Meaning, and the Brain (Crystal L. Park and Patrick McNamara)
Chapter 4 The Darker Side of Religion: Risk Factors for Poorer Health and Well-Being (Gina Magyar-Russell and Kenneth Pargament)
Chapter 5 The Common Core Thesis in the Study of Mysticism (Ralph W. Hood, Jr.)
Chapter 6 Cross-Cultural Assessments of Shamanism as a Biogenetic Foundation for Religion (Michael Winkelman)
Chapter 7 Schizopherenia, Neurology, and Religion: What Can Psychosis Teach Us about the Evolutionary Role of Religion? (Steven A. Rogers and Raymond F. Paloutzian)
Chapter 8 Between Yang and Yin and Heaven and Hell: Untangling the Complex Relationship between Religion and Intolerance (Ian Hansen and Ara Norenzayan)
Chapter 9 The Origins of Dreaming (Kelly Bulkeley)
Chapter 10 Chemical Input, Religious Output --- Entheogens: A Pharmatheology Sampler (Thomas B. Roberts)
Chapter 11 An Illusion of the Future: Temptations and Possibilities (Keith G. Meador)

 これで、三巻すべての紹介が終わりました。日本の宗教研究の現状からは想像のできないような多様なテーマについて、多くの研究が展開しつつあります。諸動向がまとまった段階に達したところで、批判的な集約を行い、必要な紹介を行う必要があるように思われます。「宗教と脳」をめぐっては、最近の一つの論文を書き上げましたので、いずれ、お目にかけることができるかもしれません。書店と交渉中の某先生の努力に期待しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR