南原繁の国家論

 現在、京都大学の演習では、無教会キリスト教を継続して扱っている。今年度は内村から矢内原へとテキストを読み進んだ。次年度(現在、次年度のシラバスの作成中である)は、セメスター制の前期が矢内原で、後期は、南原繁へと進む予定である。南原については、岩波書店の南原繁著作集第一巻の『国家と宗教──ヨーロッパ精神史の研究』がテキストとなる。演習はこの著作集版を使用するが、この南原のテキストは現在、岩波文庫に収録されており、もちろん、こちらで読むのもよいであろう。
 
南原繁
『国家と宗教──ヨーロッパ精神史の研究』
岩波文庫、2014年(1942年)。

改版の序
第三版序


第一章 プラトン復興
 一 時代の問題
 二 新プラトン像の性格
 三 神話の解釈
 四 プラトンの批判的意義

第二章 キリスト教の「神の国」とプラトンの理想国家
 一 プラトン理想国家の問題史的意義
 二 キリスト教出現の意味と神の国の根本特質
 三 二つの国の綜合の類型=トーマスとヘーゲル
 四 問題の批判的解決への途

第三章 カントにおける世界秩序の理念
 一 哲学の課題
 二 世界秩序の道徳的および宗教的基盤
 三 世界秩序の組織原理
 四 歴史の理念

第四章 ナチス世界観と宗教
 一 近代ヨーロッパ精神の展開
 二 ナチス精神とその世界観的基礎
 三 ナチス世界観における宗教理念
 四 ヨーロッパ文化の危機の問題

補論 カトリシズムとプロテスタンティズム

南原繁年譜
解説1(福田欽一)
解説2(加藤節)

第三版序(1945年)から。
「本書が初めて出版せられたのは、あたかも今次世界大戦のただ中にあり、わが国もまた太平洋戦争遂行の過程にあった。爾来、幾変遷、ナチス=ドイツはついに崩壊し、わが国もまた有史以来の惨敗の苦杯を喫した。ナチスは何故崩壊すべきであったか。その理由は、ヨーロッパ精神史の流れの全体を跡づけることにより、ナチス世界観の批判において証示したところである。そして、そのことはわが日本についても当てはまるものがある。心ある読者はそれを読み取られたことと思う。」(9)
「いまや祖国再建の苦難の途にのぼる時に当り、日本にとって省察すべき根本の問題は実に「宗教」の問題、そしてそれと国家との関係に凝縮せられてあると言っていい。」(10-11)

 以上からも、現在の日本の政治状況において南原を読むことの意義がおわかりいただけるものと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR