キリスト新聞から

キリスト新聞(第3351号、2015.4.11)が届きました。いつものように、内容を紹介します。

<第一面>
・「向谷地生良氏 教会も「当事者研究」を」
 「地域に仕え、〝共に歩む〟道模索」 「「教会と地域福祉」フォーラム21第3回シンポ」

 「教会と地域の連携を図り、キリスト教福祉の再興を模索する「教会と地域福祉」フォーラム21の第3回シンポジウムが3月28日、日基教団霊南坂教会」で開催。「地域の悩みを教会の悩みに──〝共に歩む〟教会の形成を」をテーマに、約100名が参加。向谷地生良氏(社会福祉法人浦河べてるの家理事)の基調講演。当事者3名が登壇し提言。

 きわめて重要な取り組みであり、ネットワークを繋ぐ必要がある。おそらくは、いわゆるキリスト教の範囲を超えて。

・「Headline/ヘッドライン」:
 「海外」:「英国国教会に初の「本式」女性教区主教」「米長老教会が同性婚を受容」
 「国内」:「辺野古基地建設に反対相次ぐ」
   国内での争点はここにあるはず。

<第二面>
「Topics/トピックス」
・「政治」:「「秘密保護法」撤廃を求め要請」「「反対する牧師の会」国家議員へ」
 3月20日に「秘密保護法」撤廃・「集団的自衛権行使容認」法整備を行わないことを求める要請文を提出(3月20日)。
 
 国会議員への要請。これは、こうした要求実現を可能にする議員を生み出す選挙運動へと発展すべきか?

・「政治」:「国民投票で〝No〟と言える人を」「キ政連講演会に木村庸五氏」
 木村庸五(弁護士、安倍靖国参拝違憲訴訟・弁護団長)氏が「自由と靖国問題、そして日本国の直面する憲法状況──安倍靖国参拝違憲訴訟を通して見る根本問題」と題して講演(3月21日、日基教団西片平町教会)。

 キ政連(キリスト者政治連盟)、久しぶりにこの名を聞いた気がする。

・「海外」:「サイクロン被害のバヌアツ救援難航」「NCCが緊急支援募金を呼び掛け」
・「海外」:「パンの缶詰と停電用ローソク」「国際飢餓対策機構が送り出し準備」

<第三面>
「Readers cafe/読者のひろば」
・「『日本を愛するキリスト者の会』広告への疑惑」への疑義」

 結局は、「日本を愛するキリスト者の会」の実体・実態が問題なのだろう。いかなる日本を愛するのか、日本とは?

・「スキルアップ講座:教会の情報発信術」
 丸山泰地(「Breadfish」代表)、「Lesson 11 サーバーを「借りる」のが鉄則」

 自前のサーバーは可能ではあるが、知識と時間が必要。多くの教会は、当然「借りる」という選択になるでしょう。

<第四面>
・「教派擬人化マンガ ピューリたん」[1]、作SONO

 「ピューリたん」「お兄ちゃんの友達」の四コマ漫画2つ。新企画。
 新聞といえば、四コマ漫画は定番であるが、どんな読者層を念頭におくのかという点が気になる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR