キリスト新聞から

キリスト新聞(第3357号、2015.6.6)が届きました。先週は休刊だったようです。今回が3357号になります。

<第一面>
・「日・中・韓・米 国際シンポ「和解と平和のための祈り」にR・ヘイズ氏ら」
 「悲惨な経験、平和と和解へ」
 「70年目の被爆地長崎原爆資料館」

 「米デューク大学神学部和解センター「北東アジアキリスト者和解フォーラム」主催による国際シンポジウム「北東アジアにおける和解と平和のための祈り」が4月26日、長崎原爆資料館」「を会場に開催」
 「二つの講演」:「ヘイズ氏」「崩された壁=復活と和解」、「レンゾ・デル・ルカ神父」(日本二十六聖人記念館館長)「キリシタンの苦難と北東アジアにおかる平和」
 見出し「キリシタンの「赦し」がカギ」「超越を知る宗教者の務め」

 戦後70年をどのような節目として捉えるかが問われている。さまざまな試みがある。ヘイズ氏については、比較的最近、このブログでも著書を紹介した。

「Headline/ヘッドライン」
・「栗林輝夫さん」:栗林さんが5月14日にご逝去された。67歳。
 感謝と共に、魂の安らぎをお祈りいたします。 
 栗林先生とは、主に学会などの研究を通しての交わりであったが、昨年11月に講演でご一緒したばかり、その後の懇親会でもお元気そうだったし、現在のキリスト教神学の動向についても意見交換を行った。たまたま、数日後にこのニュースを人から聞き、Webで確認し、驚くばかりです。ともかくも、継承すべき問題が多く存在しており、驚いてばかりもいられない日本の状況です。

<第二面>
「Topics/トピックス」
・「神学」:「ナショナリズム超え、和解と平和を」「米・韓・台・日の学者が青学で国際シンポ」
 第一面の記事に関連した内容。
 長崎でのシンポジウムの「フォローアップ・セッション」が「青山学院大学」で開催。「ナショナリズムを超えて」。
 ヘイズ氏のほか、パン氏、梅津氏が講演。その後パネルディスカッション。

 ナショナリズムが、東アジアのキリスト教にとって最大の問題であることは、わたくしも特殊講義で今議論していることに合致する。しかし、問題はナショナリズムの真理契機をどのように理解するかであり、わたくしとしては、「民族のメタファー化」「自己超越的なナショナリズム」を構想したいと考えている。本日の10時30分からの講義も、最初にこの点の確認からスタートする。

・「社会」:「災害時の宗教施設の役割に期待」「「復興に向けた宗教者円卓会議」」
 世界宗教者平和会議日本委員会が5月19日20日に「復興に向けた宗教者円卓会議」を国際連合大学で開催。

 宗教の公共性から社会貢献へと議論は展開しつつある。もちろん、実践も。

・「聖書」:「福岡で「聖書クイズ王決定戦」」「今年は名古屋、札幌でも」
 日本聖書協会が、5月9日に「第3回 聖書クイズ王決定戦」を開催。今回は東京、大阪に続く大会として九州で。6月6日は名古屋、8月29日は札幌でも開催。
 
「Satellite/サテライト」
・「奈良基督教会 重要文化財に」
 5月15日、「日本聖公会奈良基督教会」(会堂と幼稚園の園舎)が重要文化財に選ばれた。

 2年前のキリスト教学研究室新歓ハイキングで、見学したあの和風のキリスト教会が、重要文化財に。当然その価値はある。

<第三面>
・提言「教会と地域福祉」<33>:
 栗原加代美(「女性・人権支援センター」理事長)「聖書思考でDV加害者も変われる」
 
・「スキルアップ講座:教会の情報発信術」
 丸山泰地(「Breadfish」代表)、「Lesson 17 検索されるキーワードを想像する」

 HPやブログは、それぞれの目的があって作成される。本ブログの場合は、自分の研究のメモ的な役割が主で、次に研究情報などの共有といったところ。したがって、検索にヒットすることを目指した工夫があまり行っていない。
 しかし、教会などがHPを立ち上げるのは、当然、不特定多数の方に読んでいただくため。となると、検索されるキーワードが大切ということになる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR