日韓関係史・政治

 日本がさまざまな問題に直面しているが、いずれの場合も、周辺諸国との関係を視野に入れることなしには、議論を深めることはできない。
 問題の一つは、日韓関係にある。しかし、問題は複雑であり、整理しつつ、多岐にわたる論点を自在に結びつけることが必要になる。一つの、しかも土台となるのは、「政治」である。今回取り上げるのは、日韓条約以降に焦点を合わせたこの50年の日韓の政治の関係史であり、経済、社会・文化へと続いてゆく。キリスト教における日韓関係史も、この文脈に位置する。
 なお、このシリーズは、「日中関係史1972-2012」と「日台関係史1945-2008」に続く企画である。

木宮正史・李元徳編
『日韓関係史 1965-2015 I 政治』
東京大学出版会、2015年。

序論 構造変容に直面し漂流する日韓関係 (木宮正史)

Ⅰ 日韓協力の軌跡とその諸相
 第一章 日韓関係一九六五年体制の軌跡──過去と現在の照明(李元徳)
 第二章 日韓外交協力の軌跡とその現在的含意 (木宮正史)
 第三章 国家戦略と市民受容の整合性から見る日韓関係五〇年 (朴喆煕)
 第四章 日韓自治体間協力の展開──姉妹都市提携の戦略 (大西裕)
 第五章 日韓政策コミュニティの生成と変化 (崔喜植)

Ⅱ 国際政治の中での日韓関係  
 第六章 戦後日韓関係と米国── 日米韓トライアングルの変容の持続 (李鍾元)
 第七章 韓国の外交と日韓の安全保障の変容 (李栄濬)
 第八章 中朝関係の変化と日韓関係──「二つの朝鮮」、日韓基本条約の解釈をめぐって(朴正鎮)
 第九章 独島問題と日韓関係 一九六五─二〇一五 (李大松)
第一〇章 日韓関係における「境界問題」──「竹島・独島問題」の「現状」をめぐるダイナミズム (浅羽祐樹)
第一一章海洋をめぐる日韓関五〇年 (趙胤修)

Ⅲ 歴史問題への取り組み
第一二章 日韓諸条約の評価をめぐる日韓関係──基本条約第三条、請求権協定第二条一を中心に (古澤文寿)
第一三章 歴史問題と日韓関係 (南相九)
第一四章 民主化の代償── 「国民感情」の衝突・封印・解除の軌跡 (浅野豊美)
第一五章 個人請求権問題をめぐる日韓関係──葛藤の過程と原因 (張博珍)
第一六章 日韓条約以後の「在日朝鮮人問題」の展開 (外村大)

あとがき/執筆者紹介/事項索引/人名索引
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR