キリスト新聞から

キリスト新聞(第3368号、2015.9.5)が届きました。内容の紹介をいたします。ともかくも、いよいよ、9月です。

<第一面>
「戦後70年企画 連続インタビュー─本紙標語の実質を問う─」3
「若者を戦地に送ってきた責任」「吉松繁氏(日基教団王子北教会牧師)」
 「昭和ひと桁生まれの世代でも、従軍経験がある人とない人ではすいぶん差があります。」
 「これまでは、教会に対してあまりにかだいな期待を持ち過ぎていたのではないでしょうか。一個人や一教会でできることには限界があります。」「これまでの「良心的」牧師の問題点は、すぐに欠点を指摘して糾弾し、自分の教会だけはもっと立派にしようと帰ってきて「お山の大将」みたいに誰もいないところで説教する・・・。そういうのは止めにしませんかと。」
「故・栗林輝夫先生が提唱したようにな個別的課題に向き合う「課題の神学」を具現化していくことが、残された教会での働きかなと考えています。」

 確かに一個人一教会が取り組めることにはあまりにも限界があり、具体的課題に向き合うことは大切である。そして、その上で、キリスト教界の内側と外側に連帯のネットワークを構築することが求められる。「お山の大将」ではしょうがない。それは、戦争法案問題でも、原発問題でも、TPPでも同じこと。

「Headline/ヘッドライン」:
・「小橋考一NCC議長が敗戦70年談話」
・「戦争法案に反対する宗教者が声明」
・「千葉の宗教者が戦争法案に反対」

<第二面>
「Topics/トピックス」
・「教会」:「被爆70年、広島・長崎で平和を祈る」「WCC訪問団も参加、核兵器廃絶へシンポも」
 「WCC訪問団は、正式には「原爆70周年に際し、教会指導者の日本への巡礼」と呼ばれ、2013年に韓国・釜山で開催されたWCC総会で採択された「正義と平和の巡礼」の一部として計画された。7~9日に広島、長崎を訪問」

 戦争とは何であるかを証言するときが、8月。そして、今年の8月~9月は重い課題に直面している。

・「社会」:「「道徳の教科化」で行動と心が統制」「8・15東京集会で池田賢市氏が講演」
「8月15日、「敗戦70年 道徳教科化を考える──子どもたちを戦場に送り出さないために」と題して、第42回「許すな! 靖国国営化8・15東京集会」が在日本韓国YMCA」で開催。「池田賢市氏」が講演。

 問題はほんとうにあらゆるところで生じている。

・「教会」:「「シャローム・モデル」実現目指して」「東方敬信氏がシンポ「平和を取り戻す」」
 「教会・聖書・人権の視点から平和を考えるシンポジウム「シャローム・モデルに実現を目指して」が7月28日、日基教団銀座教会」で開催。東方、河野克也、森島豊の三氏が発題。

 本ブログでも紹介した東方先生の『地球共生社会の神学──「シャローム・モデル」の実現をめざして』(教文館)の刊行記念とのこと。

「Satellite/サテライト」:
・「「マイノリティ問題と宣教」会議」
・「法人事務・会計実務研修会」
・「カトリック教会の教勢調査」
・「社会事業同盟が総会・研修会」
・「日本友和会が「戦責告白」発表」
・「日キ教会北海道中会が声明」
・「靖国へ玉串料奉納と参拝に抗議」

<第三面>
・提言「教会と地域福祉」<44>:
 山本雅基(「きぼうのいえ」理事長)「山谷のホスピスは神の存在を証明する」
 「東京の通弥山谷地区で、日本で唯一の元ホームレスのホスピス「きぼうのいえ」」「神の存在証明の証し」

・「スキルアップ講座:教会の情報発信術」
 丸山泰地(「Breadfish」代表)、「Lesson 28 ホームページはツールに過ぎない」

 「ホームページは、自分が発信する情報に興味を持っている人に、効率よく情報提供できるツールです。」
 「「興味がないひと人はほとんど見にこない」という一面です。ここを知らない人が多いのです。」 
 「もし、キリスト教にまったく興味はない人を振り向かせるホームページを作るとしたら、まったく違うアプローチが必要なのです。」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR