宗教学と教育

 日本の学校や大学で宗教学(キリスト教学を含む)を教育・研究に携わる際に、多くの研究者が実感するのは、日本における宗教学の授業の困難さであろう。たとえば本ブログのテーマである「科学と宗教」という問題をどのようにまとまった形で教育できるかは、授業担当者は、ほとんどゼロから始めなければならない。
 その点、諸外国の、たとえばイギリスにおいては、大学以前の段階での宗教学教育が充実しており、日本との大きな差を感じざるを得ない。これに関しては、以前に紹介したに、南山宗教文化研究所において、東京大学の藤原聖子さんを講師に招いて行われた研究会は日本と世界の宗教学教育の問題を考えるのに示唆的であった。その関連で、次の文献を紹介したい。

Bengt-Ove Andreassen, James R. Lewis (eds.),
Textbook Gods. Genre, Text and Teaching Religious Studies,
Equinox, 2014.

Introduction: Theoretical Perspectives on Textbooks/Testbooks in Religious Studies Research
(Bengt-Ove Andreassen)

1.Closed and Open Concepts of Religion: The Problem of Essentialism in Teaching about Religion
(Torsten Hylén)
2.Establishing Religion through Textbooks: Religions in Japan's "Ethics" Program
(Satoko Fujiwara)
3.Bad Religions and Good Religions: The Representation of Religion and Religious Traditions in a New Swiss Textbook
(Katharine Frank)
4.To Learn about the Other and to Get to Know Him: Judaism and the Jewish Community of Quebec as represented in Ethics and Religious Culture Textbooks
(Sivane Hirsch and Marie Mc Andrew)
5.Researching Materials Used to Teach about World Religions in Schools in England (Barbara Wintersgill)
6.Representations of Indigenous Australian Religions in New South Wales (NSW) Higher School Certificate Studies of Religion Textbooks
(Carole M. Cusack)
7.Visual Engagement: Textbooks and the Materiality of Religion
(Mary Hayward)
8.Cartographic Representations of Religion(s) in Norwegian Textbooks
(Suzanne Anett Thobro)
9.A Reservior of Symbols: On the Conceptualization of "Religion" in introductory Books for RE in Teacher Education in Norway (Bengt-Ove Andreassen)
10.Stones and Bones: Indigenous African Religions and the "Evolution" of World Religions
(James R. Lewis)
11."Christianity" or "the Christianity" --- That is the Question
(Annika Hvithamar)
12.School Bible in the Service of The Danish National Church --- A Case Study
(Jens-André P. Herbener)

Index
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR