NCC宗教研究所のこと

 2日前の本ブログ記事において、宗教間対話の関連で、NCC宗教研究所の元所長である幸先生についてふれたが、昨日、NCC宗教研究所から、ニュース(「NCC宗教研究所ニュース」42号、2015年11月発行)が届いた。
 内容は、研究所の理事会、スタッフの交代の報告から、はじまって、研究所の活動に関わりのある記事が掲載されています。

 理事会の交代(6月の理事会で決定)では、新理事長が、日本基督教団大津教会牧師(同志社大学神学部教授)の関雅人さんになったことをはじめとして、副理事長が土井健司さん、所長が宮庄哲夫さん、副所長が岩野裕介さんとなります(京都大学キリスト教学専修に関わりのある方々です)。

 記事としては以下の通り。

・「「NCC宗教研究所」の働き」(関雅人)
・「研究所の「いま・これから」」(宮庄哲夫)
・「東アジアのエキュメニカル運動史と宗教間対話の実践」(山本俊正)
・「キリシタン文書を読む」(岩野裕介)
・「二〇一五年度「日本の諸宗教に学ぶ─対話と研修」(ISJP)」(土井健司)

 研究所の今後との活動に期待しております。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR