現代中国の宗教1

 2012年12月12日~15日に、香港の中国大学(the Chinese University of Hong Kong)で開催された国際会議に基づいた研究論集が刊行された。かなり膨大な内容であり、本ブログでは、2回にわけて紹介したい。

Vincent Goossaert, Jan Kiely, and John Lagerwey (eds.),
Modern Chinese Religion II. 1850-2015. Volume 1,
Brill, 2016.

Acknowledgements
List of Contributors

Volume 1

Introduction (Vincent Goossaert, Jan Kiely, and John Lagerwey)

Part 1: Foundational Transformations
Section 1: Ecnomics
 The Introduction of Economics in China, 1850-2010 (David Faure)

Section 2: Science
 Scientism in the Twentieth Century (Grace Yen Shen 沈徳容)

Section 3: Medicine
 History of Chinese Medicine, 1890-2010 (Volker Scheid and Eric I. Karchmer)

Section 4: Aeathetics
 Art, Aesthetics, and Religion in Modern China (Walter B. David)

Part 2: State Policy/Sate Ideology
 Buddhism and the State in Modern and Contemporary China (Xue Yu 学愚)
 The Discourse of "Chinese Marxism" (Arif Dirlik)

Part 3: Histories of Religions
Section 1: Rural Traditions
 Local Religion and Festivals (Thaomas David DuBois)
 Moral Discouse, Moral Practice, and the Rural Family in Modern China (Ellen Oxfeld)
 Lineages and the Making of Contemporary China (Michael Szonyi)

Section 2: Social and Institutional Change and Religion
 Women and the Religious Question in Modern China (Xiaofei Kang 康笑菲)
 New Technologies and the Production of Religious Texts in China, 19th-21st Century (Philip Clart)

 以上が、第1巻の目次であるが、序論(pp.1-60)において、詳細な各論考の紹介がなされており、そこから会議全体の議論の概要を知ることができる。
 序論の書き出しは次の通りである。

This is the Fourth and final set of volumes on paradigm shifts in the history of Chinese religion. As may be seen from the introductions to the earlier volumes, it gradually became clear tha features typically associated with the production of "modernity" -- rationalization, interiorization, secularization -- in fact characterize every age of radical change. By means of these processes, societies gradually and at great cost come to form transformed body politics (corps social) which are in-spirited and therefore structured by ever more explicitly universal human values. Typically, the religions of pre-change society are marginalized -- pushed out of the public space -- in order to make way for a society informed by the new structuring values. Having defined religion as the practice of these structuring values, the project has sought to examine how these values inspire and structure not only specifically religious behavior but also, in a Durkheimian perspective, the practices of society as a whole. (1) .
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR