ティリッヒと政治思想7

20世紀末から21世紀に入ってのティリッヒ研究の世界的動向については、いくつかの点が指摘できる。まず、ドイツ語版ティリッヒ全集の補遺遺稿集が着実に巻を重ね、初期から前期にかけての従来未刊行だった講義録・ノートなどが刊行され、それが中期ティリッヒに及びつつあること。これは、それまでのティリッヒ研究のレベルを飛躍的に向上させる可能性を有している。また、国際的なティリッヒ研究のネットワークが整備され、国際会議・シンポジウムなどが定期的に開催されるようになったこと。これによって、それまでティリッヒ研究をリードしてきた大家や中堅の研究者に加え、若い世代の研究者が増加することになった。ティリッヒ研究は活況を呈している。以下に紹介する論集もその成果の一端であり、「ティリッヒと政治思想」というテーマが大きく共有されていることがわかる。

Marc Boss, Doris Lax, Jean Richard (éd.),
Éthique sociale et socialisme religieux. Actes du XVe Colloque International Paul Tillich Toulouse 2003,
Lit, 2005.

Présentation
English Introduction

I. Perspectives historiques
 L'éthique comme philosophie de l'histoire: Le socialisme religieux dans les écrits berlinois de Paul Tillich (1919-1924) (Christian Danz)
 Protestantisme et <> chez Paul Tiilich et Karl Barth (Martin Leiner)
 L'éthique sociale comme éthique de la liberté. Tillich et le jeune Hegel (Tabea Rösler)
 Tillich on Right and Law (A. James Reimer)
 The Persistence of Marxism in the American Writings of Paul Tillich (Brian Donnelly)
 Thomas More, Marl Marx et Paul Tillich (Roland Galibois)
 Reinhold Niebuhr and Paul Tillich in New York: Political Conversations (Roland Stone)
 Ontologie. théologie et politique dans les causeries radiophoniques de Paul Tillich durant la seconde guerre mondiale (Jean-Paul Gabus)
 Tillich et l'École de Francfort (Terence O'Keefe)

II. Perspectives systématique
 Forces et gaiblesses de la réflexion politique de Paul Tillich. Évaluation coritique du socialisme religieux à partir de Hannah Arendt (Celine Ehrwein)
 Une ethique sociale pour aujourd'hui ? (Andre Gounelle)
 Principe protestant et principe socialiste. La double racine du socialisme religieux (Theo Junker)
 La justice créatrice dans les écrits de Tillich sur le socialisme religieux et dans Amour, pouvoir et justice (Mary Ann Stenger)
 Le socialisme religieux de Tillich comme ressource pour une éthique sociale pragmatiste aujourd'hui (Robison B. James)
 Implications pratique de l'éthique sociale de Paul Tillich dans le management de l'entreprise (Emmanuel Toniutti)
 Doctine sociale et théologie de la libération: Le débat autour du socialisme (Jean Richard)
 Le <> de Paul Tillich et le socialisme brésilien de <.>. Essai de lecture comparative (Étienne Higuet)
 Politique et religion. Un éclairage tillichien sur le socialisme brésilien (Jorge Pinheiro)
 Éthique sociale, religions et socialisme à l'ère de la mondialisation. (Denis Müller)

Annex
 Le national-socialisme et la révolution française. Discours radiodiffusé du 5 juillet 1943 (Paul Tillich)

 こうしたティリッヒ研究の進展は、ティリッヒに限ったことではなく、シュライアマハーやトレルチについての研究の進展と緊密に結び付いている。つまり、1980年代以降の神学思想史研究の新しい動向がティリッヒ研究を含んでいると考えるべきなのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、今後開設の別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR