ポスト世俗化時代

 ポスト世俗化時代は少し以前から現代の宗教的状況を論じるキーワードとしてしばしば耳にするようになった言葉である。もちろん、「世俗」「世俗化」が多義的であいまいな概念として流通していることからわかるように(このこと自体が研究テーマである)、「ポスト世俗化」もその内実は単純ではない。「ポスト近代」とも微妙な関係にある。特に問題は、「西欧」の位置づけ(ということは、「非西欧」の位置づけ)である。ポスト近代もポスト世俗化も、「近代」「世俗」に引きずられて、非西欧の動態を捉えきれているのかという疑惑であり、また非西欧がさまざまな、決定的な局面で西欧化している事態(この点で、文明の衝突論は事態を捉え損ねている)はどのように論じるのかという問題である。

 こうした問いは、本ブログのテーマとも関連付けられるべきものであるが、最近、この点について考えさせられたのは、以前に紹介した『公共圏に挑戦する宗教──ポスト世俗化時代における共棲のために』(岩波書店)に所収の諸論考(講演)の影響にほかならない。いずれ、ここから本格的な議論を展開する予定であるが、そのために、入手した原著が次のものである(翻訳から原著というのは珍しくないパターンである)。

Eduardo Mendieta, Jonathan Vanantwerpen (eds.),
Jurdith Butler, Jürgen Habermas, Charles Taylor, Cornel West,
The Power of Religion in the Public Sphere,
Columbia University Press, 2011.

Acknowledgements
Introduction: The Power of Religion in the Public Sphere (Eduardo Mendieta and Jonathan Vanantwerpen)

"The Political": The Rational of a Questionable Inheritance of Political Theology (Jürgen Habermas)
Why We Need a Radical Redifinition of Secularism (Charles Taylor)
Dialogue: Jürgen Habermas and Charles Taylor

Is Judaism Zionism? (Judith Butler)
Prophetic Religion and the Future of Capitalist Civilization (Cornel West)
Dialogue: Judith Butler and Cornel West

Concluding Discussion: Butler, Habermas, Taylor, West

Afterword: Religion's Many Powers (Craig Calhoun)

Index

 付論が追加されている点で、手元に置くには、邦訳の方が、よいかもしれない。
 全体を通読しての観想は、テイラーとバトラーの講演は、一定の分量があり、読み応えがあった(テイラーは明解である)。それに対して、ハーバーマスは議論がやや中途半端であり、ウェストは良さが発揮されていない。ハーバーマスとウェストについては、それぞれの他の論考を参照して考えた方がよいだろう。
 この論集は、実際の講演討論を基にしたものであるが、こうした企画を成功させるのは難しいことが感じられる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR