ティリッヒと政治思想11

 今回取り上げるのは、ティリッヒの政治思想のいわば専門家とも言える、ストーンの著作です。実は、これは、2013年1月18日に本ブログで紹介したものなのですが、「ティリッヒと政治思想」というテーマについての連続企画の一つとして、また、ティリッヒの評伝研究という面からも興味深いので、再度、掲載します。
 内容は、ニューヨークに移住して以降のティリッヒ(ユニオン神学校時代)について、彼と密接な関わりにあった、R・ニーバーとの交流・比較という視点で、詳細な経緯をたどったものです(注や索引を含めれば、500頁近くの大著です)。

Ronald H. Stone,
Politics and Faith. Reinhold Niebuhr and Paul Tillich at Union Seminary in New York,
Mercer University Press, 2012.

Preface
Dedication
Timeline

1. The Great War
2. Background of Two German Thinkers
3. Between Emperor and Dictator
4. The World Tomorrow
5. Opposition and Migration
6. On the Boundary
7. Radical Religion
8. Christian Realism
9. World War II
10.A Voice against the Third Reich
11.A Voice for Democracy
12.The Bomb
13.The Jewish Question
14.Foundations of Postwar Political Philosophy
15.Cold-War International Relations: The Beginning
16.The Cold War Freezes
17.Limits and World Responsibility
18.Under Investigation
19.Tillich's Later Social Ethics
20.On Justice
21.Political Philosophy in the Cold War
22.Myth and Meaning
23.Criticism of Niebuhr on Faith and Politics
24.Criticism of Tillich on Faith and Politics
25.Legacies

Notes
Index

 こうしたタイプの研究は、詳細な資料が身近にある人、あるいはそれを収集するのに時間と情熱のある人でなければ、なかなかできない貴重な研究です。
本文最後の頁(最後から2番目の段落)から引用を行っておきます。

If Niebuhr relied too much male symbolism, Tillich opened the door to feminine symbolism for the divine. If Tillich's Bohemian lifestyle (found in the brokennness of a defeated self and a defeated nation) was not a good representation of sexual ethics, Niebuhr's celebration of the family provided an antidote. Given they both were Euro-American-centric, Tillich's opening to further exploration of world religions began to overcome that limitation and to show new ways toward peacemaking. (445)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、今後開設の別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR