平和思想のネットワーク3

 20世紀の平和思想のネットワークの特徴は、無抵抗あるいは非暴力を積極的な行動として具体化している点にある。これが決して無力でも無意味でもないことは、多くの事例が雄弁に語っている。たとえば、マルティン・ルーサー・キングと公民権運動の場合であり、キリスト教思想としても注目すべきものである(歴史的なドキュメントしては、『自由への大いなる歩み』(岩波新書)は感動的である)。

 しかし、思想研究としては、キング自身の著作・説教を幅広く取り上げる必要がある。その点で便利なのが、次の文献である。

James M. Washington (ed.),
A Testament of Hope. The Essential Writings and Speeches of Martin Luther King, Jr.,
HaperSanFrancisco,1986.

 この中には、有名な、"I Have a Dream" (1963)も収録されている。

So I say to you, my friends, that even though we must face the difficulties of today and tomorrow, I still have a dream. It is a dream deeply rooted in the American dream that one day this nation will rise up and live out the true meaning of its creed --- we hold these truths to be self-evident, that all men are created equal.
I have a dream that one day on the red hills of Georgia, sons of former slaves and sons of former slave-owners will be able to sit down together at the table of brotherhood.
I have a dream ・・・・ (219)

 キリスト教思想には研究すべきテーマが多く存在するにもかかわらず、だれかがその研究を一定程度行うと、もうそれで終わり、もっと最新のテーマへ関心を移し、結局、その重要テーマは、続いて研究する人が現れずに、過ぎてゆく。日本における黒人神学の扱われ方を見ると、そんな状況が見えてくる。もう終わった問題なのだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR