『福音と世界』から

『福音と世界』2016. 4(新教出版社)が届きました。では、簡単に内容の紹介を行います。

今回の特集は、「聖書の翻訳」です。
 現在、日本聖書協会の新しい聖書翻訳作業が進行中ですが、聖書翻訳は、キリスト教にとって大事業であり、キリスト教思想にとっても重大問題です。また、翻訳論は現代思想において多くの議論が進行中であり、その点から、聖書翻訳は問われねばならない問題です。わたくしも、本ブログで、聖書翻訳については取り上げたことがあり、関心を持ち続けています。

・「聖書を翻訳する──新共同訳聖書翻訳委員のひとつの証言」(大野惠正)
・「『聖書 新共同訳』(新約聖書)をめぐって」(川島貞雄)
・「説教者のパースペクティヴにおける聖書翻訳論」(加藤常昭)
・「イエスは水の上を歩いたか」(山浦玄嗣)
・「信念の日本語訳新約聖書について」(前川裕)
・「聖書の翻訳理論と新翻訳事業」(島先克臣)
 
 今回は、特集以外に、次の論考が掲載されています。
・「同性愛をめぐるアングリカン・コミュニオン内の対立──首座主教会議の「帰結」とは」(西原廉太)
・「教会における同性愛嫌悪──韓国の事例から」(長尾有起)
・「ジャカルタ総会以降のアジア・キリスト教協議会──「私たち」の課題」(藤原佐和子)

次に、連載(ほんの一部ですが)から。
・一色哲「南島キリスト教史入門」18
 「南島キリスト教の越境性と八重山地域の教会形成(一) メソジスト教会における伊波南哲と岩崎卓爾」

「喜界島と八重山群島の二つの地域は、帝国日本と南島キリスト教史おなかで二重の「周縁性」の軛を負った地域であった」、「現在」「人口約五二、〇〇〇人中約二、〇〇〇名」がクリスチャンで、この数字は人口の約三・八%にあたる。」(68)
「一六〇〇年にはイエズス会の宣教師が石垣島を来島」、「その後、約三〇〇年の中断を経て、一九二〇年前後になって、本格的なキリスト教の伝道が再開された」、「その近代八重山伝道の端緒となったのがメソジスト教会であった」。


・内田樹「レヴィナスの時間論」:「『時間と他者』と読む13」
 「レヴィナスの「ハイデガー・ショック」」(58)
 「彼はまさに当代最高の哲学的知性だった。そのような知性がナチズムと親和的であったということ」、「どれほど明晰であり、厳密であり、独創的であっても、哲学者がナチズムに未来を託すことを妨げなかったという事実」
 「それは単なる「逸脱」ではなく、ある哲学に内在しているものであるとしたら、その哲学と対峙し、批判し切るためには、その哲学を最高の鞍部において越える必要がある。レヴィナスはその道を選んだ」、「ハイデガー哲学が内在させていた根本的な瑕疵は何かという、困難でありかつ不可避的な問い」
 「ハイデガーの術語である「投げ入れれてあること(Geworfenheit)=被投性」とは、まさに「実存者なき実存すること」に他ならないのではないか、そうレヴィナスは問うのである。」(60) 

 このナチズム問題は、まさにドイツ神学の問題である。どうして、あれほどの神学的知性が・・・。

・来住英俊「宣教学・事始め12」、「(12)宣教について楽しくおしゃべりする」
 「おしゃべりすると元気になる」「雑誌を発行する夢」「宣教のページ」「楽しく書く」「こういうことをやってみた」

 現代において宣教論は難しい。この連載は、今回が最終回であるが、途中からだいぶ雰囲気が変化した(論調は・・・)というのが、わたくしの印象である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR