ホワイトヘッドの平和論

 本ブログでも、平和や戦争については、キリスト教思想と関連付けながら、取り扱ってきたが、今回は、ホワイトヘッドの平和論に関する研究文献を紹介したい。紹介するのは、以前にも取り上げたことのある、『ACADEMIA』(全国日本学士会)のホワイトヘッド特集である。

一般社団法人 全国日本学士会
『会誌 ACADEMIA』No.156,
2016.4。

「A.N.ホワイトヘッドの平和論」
巻頭言:花岡永子

・ホワイトヘッド「平和」哲学の現代的意味について─カントの「永久平和論」との対比からして:荒牧典俊
・平和基礎論としてのホワイトヘッド平和哲学─神のエコゾイックスとホワイトヘッドの冒険ないし復活形而上学にちなんで:延原時行
・ホワイトヘッドの平和論:尾崎誠
・ホワイトヘッドの平和論:田中裕

 ホワイトヘッド哲学が平和の問題への射程をもっていることは、その基本性格から了解できることであるが、こうしてホワイトヘッド研究者の見解に触れることができるのは、貴重な機会である。その中に、荒牧先生の名前を見出したのは、驚きであるとともに、先生の関心の広大な広さに敬意を表したい。
 本ブログの関連では、ホワイトヘッドの文明論と科学技術という議論を取り上げたいと考えている(いずれ、ということではあるが)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR