科学と宗教の対話

 コミュニケーション合理性の事柄としての自然神学は、科学と宗教の対話に当然、密接に関わることになる(これは、伝統的な自然神学のイメージに近いとも言える)。科学の宗教の対話が多くの研究者、多くの場所で推進されつつある現状は、自然神学の再考を伴った自然神学への関心の高まりとも言えよう。従来、こうした動向は英語圏で1970年代以降、顕著な仕方で転回してきたが、その後、ドイツ語圏でも、本格的持続的な取り組みがなされ、現在に至っている。
 その代表的なものの一つが、本ブログでも紹介してきた、ハイデルベルク大学のヴェルカーらを中心とした息の長い、対話・共同研究である。今回取り上げる論集は、ジョン・テンプルトン生誕100年とテンプルトン財団設立25周年とを記念して、ハイデルベルク大学で2012年に開催された国際会議の成果である。

Michael Welker (ed.),
The Science and Religion Dialogue. Past and Future,
Peter Lang, 2014.

Introduction

I. Celebrating the Past - Shaping the Future
The Science and Religion Dialogue: Past and Future (Thomas Pfeiffer)
The Science and Religion Dialogue: Past and Future (Michael Welker)
Opening Address (John M. Templeton, Jr.)
Communicating Sir John Templeton (1912-2012) (Stephen Post)
Science and Religion Dialogue (Michael Murray)

II. On the Engagement of Science and Religion
The Natural History of Religion (Hans Joas)
God and Evolution (Martin A. Nowak)
The Search for Truth (John Polkingforne)

III. The Science and Theology Dialogue I: Multi-Year Research Projects
A Contribution to the Eschatology Session (John Polkinghorne)
Eschatology, Anthropology, and Concepts of Law (Michael Welker)
The Faraday Institute for Science and Religion - the First Seven Years (Denis R. Alexander)
Theological Inquiry and the Science and Religion Dialogue (Friederike Nüssel, Robin Lovin)
Science and Redemption: The Future of Creation (Ted Peters)
Scientific Cosmology and the Theologies of Creation and Redemption (Robert John Russell)

IV. The Science and Theology Dialogue II: Multicontextual Dimensions
The Dialogue between Science and Religion in Russia (Cyril Hovorun)
The Role of Thought Experiments in Science and Religion (Niels Henrik Gregersen)
A Postfoundationalist Approach to Theology and Science (J Wentzel van Huyssteen)
Insiders and Outsiders in 'Religion and Science' (Willem B. Drees)

V. Astronomy and Mathematics
Cosmology and the Human Condition (Chris Impey)
Note on Formal Reasoning in Theology (Matthias Baaz)

VI. Physics and Biology
The Search for Evidence-Based Reality (G. A. D. Briggs)
If the Evolution of Intelligence is inevitable, then what are the Metaphysical Consequences? (Simon Conway Morris)
The Use of Metaphors when Talking about the Nature of Organisms (Günter P. Wagner)

VII. Religious Ethics and Philosophical Theology
Atheism and Analytical Thinking (Kelly James Clark)
Freedom within Religion, Religious Ethics and Social Life (William Schweiker)

Viii. Philanthropic Investment and the Future Generations: Three (of Sixty) Winners of the John Templeton Award for Theological Promise (2007 -2011)
The Templeton Award and Professional Development for Young Scholars (Jan Stievermann)
"The Divine Fire in All Things " - Orthodox Cosmology in Dialogue with Science (Daniel Munteanu)
God's Spirituality. The Trinitarian Dynamics of Prayer (Eva Harasta)

Contributors


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR