キリスト教学研究室紀要・第4号

 お知らせするのが、やや遅くなったが、2015年度の『キリスト教学研究室紀要』第4号が、無事に刊行され、すでに、京都大学学術情報リポジトリなどで、公開されている。
 今回は、キリスト教学研究室にも関わりのあるティリッヒの歿後50年の記念特集を企画し、3本の論文を掲載することができた。キリスト教学研究室とティリッヒとの関わりについては、わたくしの「巻頭言」をご覧いただきたい。
 そのほかに、さまざまな文章を収録することができ、執筆者と編集者には、改めて、お礼申し上げたい。2015年度の研究室の活動の一端を読み取っていただけるものと思われる。

京都大学キリスト教学研究室
『キリスト教学研究室紀要』第4号
三恵社、2016年3月。

ティリッヒ特集
巻頭言:キリスト教学研究室とティリッヒ──ティリッヒ歿後50年を記念して (芦名定道)
ティリッヒとその思想的遺産──生の現象学を中心に (芦名定道)
ティリッヒとカント──道徳と宗教のあいだ (鬼頭葉子)
前期P.ティリッヒの啓示論 (平出貴大)

論文
聖書翻訳とヘブライ語原典──東方正教会を考える視点 (手島勲矢)
テオトコスへの信仰とイコンの関係性──フロレンスキイ的アプローチ (ブラジミロブ イボウ)
H.G.ガダマーと宗教の接点──伝記的事実を中心に (岡田勇督)

研究ノート
アウグスティヌス『神の国』における救済論 (渡邉蘭子)

書評
程小娟『God 的汉译史―争论、接受与启示』(金香花)

研究動向
学会報告:北米哲学的解釈学協会 (North American Society for Philosophical Hermeneutics:NASPH) (岡田勇督)

2015年度・第二演習の記録
あとがき
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR