ティリッヒ研究の新しい動向

 本ブログで紹介してきたように、ティリッヒ研究はさまざまな視点から活発に進められているわけであるが、これまでなかった新しい研究動向が現れている。それは、ティリッヒ神学とペンテコステ派の神学との対話という問題設定であり、今回紹介するのは、その成果といえる研究論集である。内容は聖霊論(ティリッヒの「聖霊の現臨」)を中心に、ティリッヒ神学の全体にわたる議論がなされており、対話は本格的である。ティリッヒは20世紀神学においても、19世紀の自由主義神学における学問論的神学の伝統を踏まえた神学傾向に半ばは属しており、その点では、一見するとペンテコステ派神学の対極に位置するようなイメージとなる。こうした神学諸伝統の対話・相関がどのように展開され、いかなる実りが得られるかは、興味深い問題である。

Nimi Wariboko & Amos Yong (eds.),
Paul Tillich and Pentecostal Theology. Spiritual Presence & Spiritual Power,
Indiana University Press, 2015.

Preface

Introsuction: Why Is the "Correlation" between Paul Tillich and Pentecostal Theology Important, and Who Cares? (Amos Yong)

1. Spiritual Power and Spiritual Presence: The Contemporary Renaissance in Pneumatology in Light of a Dialoguebetween Pentecostal Theology and Tillich (Veli-Matti Kärkkäinen)
2. Spiritual and Nature: Penrecostal Pneumatology in Dialogue with Tillich's Pneumatological Ontology (Wolfgang Vondey)
3. To the Ground of Being and Beyond: Toward a Pentecostal Engagement with Ontology (Rhys Kuzmič)
4. God as Being and Trinity: Pentecostal-Tillichian Interrogations (Steven M. Studebaker)
5. Tillich's Picture of Jesus as the Christ: Toward a Theology of the Spirit's Saving Presence (Terry L. Cross)
6. Spiritual Presence: The Role of Pneumatology in Paul Tillich's Theololgy (Frank D. Macchia)
7. Pneumatological Participation: Embodiment, Sacramentality, and the Multidimensional Unity of Life (Andreas Nordlander)
8. Tillich's Sacramental Spirituality in a New Key: A Feminist Pentecostal Proposal (Lisa P. Stephenson)
9. Political Theology from to Pentecostalism in Africa (Nimi Wariboko)
10. What Have Pentecostals to Do with "The Religion of the Concrete Spirit"? Tillich's Theology of Religions in Twenty-First Century Global Renewal Context (Tony Richie)
11. The Demonic from the Protestant Era to the Pentecostal Era: An Introduction of Tillichian and Pentecostal Demonologies and Its Implications (David Bradnick)
12. Eschatology in the Tehology of Paul Tillich and the Toronto Blessing: The Ontological and Relational Implications of Love (Peter Althouse)
13. Paul Tillich, Pentecostalism, and the Early Frankfurt School: A Critical Constellation (Pamela Holmes)
14. Socialist Spirit in Tillich, Pentecostalism and the Neoliberal Demonic Today (Mark Lewis Taylor)
15. A Spirited Encounter: The Promise of Ecstasis and the Constraints of Supernaturalism (John J. Thatamanil)

List of Contributors
Index
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR