キリスト新聞から

キリスト新聞(第3399、2016. 5. 28)が届きました。連日、30度を超える暑さでしたが、今日は少しはましのようです。5月が過ぎると、梅雨の季節です。

<第一面>
・「宗教の本質は「思いやり」」「日本ルーテル神学校デール・パストラル・センター」「記念講演で本人が初登壇」
 「〝「性」をめぐる裂は避けて〟」「〝行動しなくては意味がない〟」

 日本ルーテル神学校の附属研究所「デール・パストラス・センター」、ケネス・J・デール氏(米国福音ルーテル教会牧師、今年90歳)を迎え、日本福音ルーテル東京教会で、5月14日に来デール記念講演を開催。題目「21世紀を生きる 人間性の牧会的理解──90歳をむかえて」。

 「宗教の本質」が「思いやり(Compassion)」であるとすれば、それはいかなる帰結にいたるか。これは組織神学的問題になるか?

「Headline/ヘッドライン」:
・「教皇が女性の役割再考 女子修道会総長たちの質問受けて」
・「サミット前、世界の宗教指導者が東京に ムスリム多数派国の少数派保護を協議」

<第二面>
「Topics/トピックス」
・「社会」:「〝宗教抜きに真の解決なし〟」「日本宗教連盟70周年記念式典で杉谷義純氏」

 文科大臣もメッセージ(代読)。宗教と政治の関わりは、現代日本でも確かに目立たないが実は大きな問題となっている。

・「社会」:「〝「しんどい時」にも寄り添いたい〟」「バプテスト連盟が「SEALDs」奥田愛基氏招く」
 日本バプテスト連盟「憲法改悪を許さない私たちの共同アクション」は4月21日に奥田愛基氏を招いた公開講演会開催(日本バプテスト浦和キリスト教会)。

 7月に向けて、再度大きな動きとなるか。

・「教会」:「この世界の〝美しさ〟分かち合う」「岡田武夫氏が「いつくしみの特別聖年」解説」
 昨年12月8日から今年の11月20日までは、教皇フランシスコが定めた「いつくしみの特別聖年」。これについて岡田武夫氏が4月22日に日本カトリック会館で講演。

・「社会」:「使い捨てにされている人々と共に」「聖ヨセフの祝日に「メーデー集会」」
 カトリック教会で労働者聖ヨセフの祝日とされるメーデーに合わせ、4月29日、幼きイエス会・ニコラ・バレ修道院で、「キリスト者メーデー集会」が開催。今年は、「使い捨てにされている人々と共に!」がテーマ。島崎量氏「労働法改悪の現状と課題──生活時間を取り戻せ!」、村山敏氏「移住労働者の権利のために」と題し講演。聡り中李をなる瀬成るdえ在日本韓国YMCAは創立110周年を迎え、4月25日に同所で記念式を開催。金性済氏が「神の祝福として生きる寄留者」と題して説教。

 ここに論争がある。論争できる体制が必要。

 「Satellite/サテライト」:
・「牧師のためのルターセミナー」
・「いのちと平和なくらし守れ カトリック正平協がパンフ」
・「「隠れキリシタンの鍔」 澤田美喜記念館で展示」
・「幕末の聖堂装飾品 横須賀三笠教会に保存」
・「立教大、入学前予約型奨学金新設」
・人事:「埼玉YMCA」

<第三面>
・「終活・なんでも相談室 Q+A」
 Q:召された後の教会在算が心配。
 A:教会や神学校への「遺贈」の方法も。
 今回のお相手:中井幸夫さん(中井幸夫税理士事務所)
 「日本の多くの教会」「教会員の高齢化」「「2020年問題」」「5年後に教会員が激減」「教会財政も危機」
 「「遺言書」は「遺書」ではありません」

 現在の教会はこの危機をどのように考えているのか。日本社会自体のマクロな動向から考えて、しっかり考えておく必要がある。
終活は個人だけではない。

・服部弘一郎(映画評論家)「映画(スクリーン)の中のキリスト教」
 「イエスのいないキリスト列伝(16)」:「私の頭の中の消しゴム」(2004年)
 「わたしはあなたを決して忘れない」
 「大ヒットとなった韓流ラブストーリー」「キリスト教や聖書を連想させる描写があちこちに散りばめられている」
 「いくつかの大きなテーマ」「その一つが「ゆるし」」、「ゆるしは心の中に部屋を一つ作ること」「わたしたちがゆるされてように、わたしたちも他人をゆるすべきなのだ」
 「相手が自分への愛を失っても、相手が自分を忘れても、自分は決して愛することをやめえないという力強い宣言」

 「記憶」「忘れること」。「死者が生きている」、そして「死者が死ぬ」ということが人間のリアリティを構成する。
 今回の記事を見て、わたくしも、この映画を思い出すことができた。

<第四面>
・SONO:「教派擬人化マンガ ピューリたん」25
 「先輩に紹介します!」「先輩に紹介します!②」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR