授業紹介1

 今年度、わたくしが担当の授業としては、すでに本ブログにおいて、南原繁演習の紹介を行ってきた。もちろん、このほかにも、少なからぬ授業を担当しており、それについても、簡単な紹介を行ってみたい。

 前期の演習としては、南原繁以外には、ティリッヒのドイツ語テキストの演習を行っている。テキストは下に示すものであるが、中期ティリッヒのはじめの時期の講義テキストであり、近年ドイツ語版全集の補遺遺稿集に収録されたものであり、したがって、これまで、ほとんど研究されてこなかった。しかし、内容的には、ティリッヒの代表的著作である、後期の『組織神学』へ向かう思想展開のプロセスを知る上で、きわめて重要なものである。また、アメリカ亡命当初にティリッヒが自らの思想をどのようにアメリカに紹介し、また自分の新しい思想展開を試みたのかということも、具体的かつ詳細に分析できる。
 キーワードは、人間学あるいは人間論である。

Die Lehre vom Menschen als der egenwärtige Zugang zur Theologie
(Union Theological Seminary, New York, 1934/35)

Griederung
Einleitung
1.Die Lage der Wissenschaften und die Lehre vom Menschen
2Methoden und Gegenstäne der Lehre vom Menschen

I. Die Endlichkeit des Menschen als der grundlegende Charakter menschlicher Existenz
A. Essenz und Existenz des Menschen
1.Die Lehre von der Essenz des Menschen als philosophische Anthropologie
2.Menschliche Freiheit und die Gefahr in der menschlichen Essenz
3.Menschliche Existanz und menschliche Endlichkeit
4.Die Methoden der Analyse der menschlichen Endlichkeit
B. Die Grundqualitäten der menschlichen Endlichkeit
1.Angst und verwandte Begriffe
2.Sorge und verwandte Begriffe
3.Schwermut und verwandte Begriffe
4.Verweiflung und verwandte Begreffe

II. Die Endlichkeit des Menschen als der Ausgangspunkt der Theologie
A.Anthropologische Frage und theologische Antwort
1.Endlichkeit des Menschen und Glaube
2.Glaube als Überwindung der endlichen Existenz des Menschen
3.Glaube als Bedingungen der endlichen Existenz des Menschen
B. Die vier Hauptlehren des Christentums als Antworten auf die Grundeigenschft der Endlichkeit des Menschen

 以上のほかの授業にも連動している。たとえば、わたくしは、「特殊講義」において、かなりの期間、「キリスト教思想における社会・政治・民族」「キリスト教と社会理論の諸問題」「キリスト教思想の新しい展開──自然・環境・経済・聖書」という一連のテーマを取り上げてきた。これは本ブログに則して言えば、「自然神学の社会科学への拡張」に関わるテーマ群である。
 しかし、そろそろ、このテーマ群から別のテーマへの展開を試みる段階にさしかかっており、「特殊講義」の内容も、今年度後期から下記のように大きく変化することになっている。「キリスト教思想と宗教哲学」。これは、京都大学におけるわたくしの「特殊講義」の最後のテーマ群となるはずであり、これと、先の「ティリッヒ」演習とは、かなり密接に繋がっている。

キリスト教思想と宗教哲学(1)──「哲学と神学」の歴史的概要──
(授業の概要・目的)
 現代世界において宗教は、深刻な対立要因の一つと見なされている。この対立図式自体の問題性は別にしても、キリスト教がこうした文脈で問われていることは否定できない。本講義では、こうしたキリスト教思想を取り巻く思想状況を念頭に置きながら、キリスト教思想の新なる展開の可能性について議論を行いたい。扱われる問題圏は、自然・環境・経済・聖書で構成されるものである。
 そのために本講義では、キリスト教思想とその宗教哲学的基盤の探求というアプローチが試みられる。キリスト教思想の新たなる展開には、こうした根本からの議論の組み立てが要求されるからである。2016年度後期は、まず、「哲学と神学」の歴史的概観が行われる。
0.オリエンテーション
1.哲学と神学、あるいはキリスト教神学の起源
2.オリゲネス
3.アウグスティヌス
4.トマス・アクィナス
5.ルターとカント
6.シュライアマハーとヘーゲル
7.キルケゴールとシェリング
8.ティリッヒとハイデッガー
9.リューサーとアーレント
10.モルトマンとハーバーマス
11.神
12.人間
13.宗教と文化
14.死
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR