信教の自由の政治性

 信教の自由は、キリスト教と政治を論じる際に、中心に位置するテーマであり、これまでも多くの議論がなされてきた。それがいかなる学的地平を切り開いてきたかは別にして、現代の政治状況は、繰り返し、この問題を論じることを要求しており、それは、信教の自由の概念自体の問い直しと、そうした視点からの歴史研究をも必要とするものと言える。
 キリスト教を取り巻く政治状況が変動する。そのとき、信教の自由は再度テーマ化する。これが現在の状況である。たとえば、議論の広がりを知る上で、次のような文献は有益である(情報が多すぎるか)。

Winnifred Fallers Sullivan, Elizabeth Shakman Hurd, Saba Mahmood, and Peter G. Danchin (eds.),
Politics of Religious Freedom,
The University of Chicago Press, 2015.

Acknowledgements

Introduction (Winnifred Fallers Sullivan, Elizabeth Shakman Hurd, Saba Mahmood, and Peter G. Danchin)

Part I. Religion
Preface (Winnifred Fallers Sullivan)
Chapter 1. Imagining the Hebrew Republic: Christian Genelogies of Religious Freedom (Robert Yelle)
Chapter 2. On the Freedom of the Concepts of Religion and Belief (Yvonne Sherwood)
Chapter 3. Believing in Religious Freedom (Elizabeth Shakman Hurd)
Chapter 4. What Is Religious Freedom Supposed to Free? (Webb Keane)
Chapter 5. The Power of Pluralist Thinking (Courtney Bender)
Chapter 6. Reflections on the Politics of Religious Freedom, with Attention to Hawaii (Greg Johnson)
Chapter 7. Traditional, African, Religious, Freedom? (Rosalind I. J. Hackett)

Part 2. History
Preface (Elizabeth Shakman Hurd)
Chapter 8. The Problem with the History of Toleration (Evan Haefeli)
Chapter 9. Religious Minorities and Citizenship in the Long Nineteenth Century: Some Contexts of Jewish Emancipation (David Sorkin)
Chapter 10. Varieties of Religious Freedom and Governance: A Practical Perspective (Robert W. Hefner)
Chapter 11. Religious Freedom between Truth and Tactic (Samuel Moyn)
Chapter 12. Religious Freedom, Minority Rights, and Geopolitics (Saba Mahmood)
Chapter 13. Ceylon/Sri Lanka: The Politics of Religious Freedom and the End of Empire (Benjamin Schonthal)
Chapter 14. Liberty as Recognition (Nandini Chatterjee)

Part 3. Law and Politics
Preface (Peter G. Danchin)
Chapter 15. Postapartheid Treatment of Religious Freedom in South Africa (Waheeda Amien)
Chapter 16. Religious Freedom in Postrevolutionary Tunisia (Nadia Marzouki)
Chapter 17. Beyond Establishment (Lori G. Beaman)
Chapter 18. The Bishops, the Sisters, and Religious Freedom (Elizabeth A. Castelli)
Chapter 19. The World That Smith Made (Winnifred Fallers Sullivan)
Chapter 20. Religious Freedom in the Panipticon of Enlightenment Rationality (Peter G. Danchin)
Chapter 21. Everson's Children (Ann Pellegrini)

Part 4. Freedom
Preface (Saba Mahmood)
Chapter 22. Protecting Freedom of Religion in the Secular Age (Cécile Laborde)
Chapter 23. Freeing Religion at the Birth of South Sudan (Noah Salomon)
Chapter 24. Is Religion Free? (Michael Lambek)
Chapter 25. Religious Freedom and the Bind of Suspicion in Contemporary Secularity (Hussein Ali Agrama)
Chapter 26. Religious Repression and Religious Freedom: An Analysis of Their Contradictions in (Post-)Soviet Contexts (Mathijs Pelkmans)
Chapter 27. Religious Freedom's Oxymorinic Edge (Wendy Brown)

Contributors
Index





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR