宗教と政治:宗教と統治

 前回紹介の「宗教と政治」論集の第2巻目です。冒頭は、古典的なベラーの論考(1967年)です。「宗教と政治」は、Critical Concepts in Religious Studies というシリーズの一つですが、ほかにも、多くの論集が企画され(「女性と宗教」「女性とキリスト教」「宗教と人権」「心理学と宗教」「霊性」「人類学と宗教」「宗教と科学」「宗教とグローバル化」など)、すでに刊行されています。

Jeffrey Haynes (ed.),
Religion and Politics. Critical Concepts in Religious Studies.
Volume II Religion and Governance
,
Routledge, 2010.

Acknowledgements

22 Civil religion in America (Robert N. Bellah)
23 Making sense of religion in political life (Kenneth D. Wald, Adam L. Silverman, and Kevin S. Fridy)
24 Religion and the state (John Madeley)
25 Towards an integretive theory of religion and politics (Lucian N. Leustean)
26 Secularisation and politics (Steve Bruce)
27 Do democracies have separation of religion and state? (Jonathan Fox)
28 Contemporary evidence regarding the impact of state regulation of religion on religious participation and belief (Johanthan Fox and Ephraim Tabory)
29 Religion and nationalism: Understanding the consequences of a complex relationship (Barbara-Ann J. Rieffer)
30 Multiple modernity, nationalism and religion: a global perspective (Willfried Spohn)
31 Globalization and religious nationalism: Self, identity, and the search for ontological security (Catabina Kinnvall)
32 Isham and nationalism: Continuities and contradictions (Sami Zubaida)
33 The governance of Islam in Europe: The perils of modelling (Veit Bader)
34 Studing Middle Eastern Societies: Imperatives and modalities of thinking comparatively (Asef Bayat)
35 Authoritarianism and Islamic movements in the Middle West: Research and theory-building in the twenty-first century (Oded Haklai)
36 Islamism, kemalism and the future of Turkey (James G. Mellon)
37 Radical Islam and the nation: The relationship between religion and nationalism in the political thought of Hassan al-Banna and Sayyid Quth (Paul Brykczynski)
38 Islamic mobilization: Social movement theory and the Egyptian Muslim Brotherhood (Z. Munson)
39 Getting religion? The puzzling case of Islam and civil war (Monica Duffy Toft)

 基本的に、1980年代以降の宗教・政治状況の変化を背景とした理論構築が問われているわけであるが、状況の変化に対応しれていないのが実情ではないか。特に、イスラームの動向をどのように読み解くかが、容易ではない。この10年の変化も劇的である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR