黒人神学の現在

 黒人神学に限らず、解放の神学は全般にわたって、1990年代以降、停滞状態に陥っていた。新自由主義の席巻である。しかし、21世紀に入って、状況は再度転換しつつあり、解放の神学についても、新しい動きが見られる。日本では、黒人神学の研究者は限られた人があげられるだけであり、この状況が紹介されることは少ない。関心のある方は、次の文献を参照。

Dwight N. Hopkins and Edward P. Antonio (eds.),
The Cambridge Companion to Black Theology,
Cambridge Uinversity Press, 2012.

Notes on contributors
Preface

Part I Introduction
1 General introduction (Dwight N. Hopkins)
2 Historical perspective (Gayraud S. Wilmore)
3 Black theology and liberation thologies (Edward P. Antonio)
4 The social socences and rituals of resilience in African and African American communities (Linda E. Thomas)
5 Black theology and womanist theology (Delores S. Willimas)

Part II Themes in Black theology
6 God (Dennis W. Wiley)
7 Jesus in black theology: the ancient ancestor visits (Julian Kunnie)
8 Black theology and the Holy Spirit (Garth Baker-Fletcher)
9 Black theology and human purpose (Riggins R. Earl, Jr.)
10 Theology's great sin: silence in the face of white supremacy (James H. Cone)
11 Theodicy: "De Lawd knowed how it was." Black theology and black suffering (Allan A. Boesak)
12 Black theology and the Bible (Michael Joseph Brown)
13 Protestant ecclesiology (Jeremiah A Wright, Jr.)
14 Roman Catholic ecclesiology (Cyprian Davis, OSB)
15 Dignity and destiny: black reflections on eschatology (J. Deotis Roberts)

Part III Gnobal expressions of black theology
16 The history of black theology in South Africa (Mokgethi Motlhabi)
17 Black theology in Britain (Anthony Reddie)
18 Slave religion and black theology in Brazil (Walter Passos)
19 Black theology in Cuba (Paúl Suárez Ramos)
20 Black theology in Jamaica (Noel Leo Erskine)
21 Methodology in an Aboriginal theology (Anne Pattel-Gray)
22 Black theology and postcolonial discourse (Edward P. Antonio)
23 The future of black theology (James H. Evans,Jr.)

Further reading
Index
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR