キリスト教倫理学

 キリスト教倫理学は、従来組織神学との関連で、あるいは教義学や弁証学とともに組織神学の中に位置づけられてきた。しかし、近年、キリスト教倫理学が取り扱う問題は、実態として広範かつ多様なものとなったおり、伝統的なキリスト教倫理学の範囲では収まらないようにも感じられる。ともかくも、キリスト教倫理学は、大きな転換の中にあると言わねばならないだろう。
 こうした状況下で、キリスト教倫理学の伝統を踏まえつつ、その内容の刷新を試みている文献を紹介したい。昨日に続き、近藤勝彦さんの仕事である。

近藤勝彦
『キリスト教倫理学』
教文館、2009年。

はじめに
序章 本書の基本的な特質について

第一部 基礎論
 第一章 組織神学における倫理学の基礎づけ
 第二章 倫理学の構成
 第三章 倫理学の方向性
 第四章 歴史の指導原理としての「プロテスタント的文化価値」

第二部 各論
 第五章 国家と社会
 第六章 ヴォランタリー・アソシエーションの意味
 第七章 結婚と家族の倫理
 第八章 平和の倫理──「平和主義」と「正当な戦争」について
 第九章 生命野倫理
 第十章 環境の倫理
 第一一章 徳の倫理


あとがき
人名索引

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR