今年の研究テーマ2

 昨日は、今年の研究テーマとして、「日本・アジアのキリスト教研究」の方法論的諸問題を挙げたが、より具体的には、文献研究と社会科学的研究の関連付け、ということが問題になる。文化人類学的な研究では、社会調査やフィールド調査と文献研究との統合は、かなり以前から当然のこととして行われてきたが、おそらく、日本のキリスト教研究では、まだこのように研究方法については、十分な方法論的な検討がなされないままにいわば勘で研究がなされていたのではないだろうか。
 
 しかし、この研究状況を超えることが今後の日本・アジアのキリスト教研究には求められねばならない。日本の研究者にとって、日本やアジアはいわば研究現場そのものであって、研究においてその利点を十分に生かすことは当然のこととであろう。こうした問題意識は、かなりの期間、不十分ながら、日本、韓国、中国でフィールド調査を行う中で実感されたことである。
 幸い、社会調査などについては、多くの文献が出版されており、参照できるものは少なくない(社会調査士が資格として一定適度定着していることによる)。たとえば、わたくしの手元にも、いくつかの入門的なものがある。

・宝月誠ほか 『社会調査』 有斐閣。
・前田拓也ほか 『最強の社会調査──これから質的調査をはじめる人のために』 ナカニシヤ出版。
・岸政彦ほか  『質的社会調査の方法──他者の合理性の理解社会学』 有斐閣。

 また、宗教研究で、こうした方法論をもちいた研究も少なくない。たとえば、
・飯田剛史 『在日コリアンの宗教と祭り──民族と宗教の社会学』 世界思想社。 

 さらに、さまざまな公的なデータ(宗教意識に関わる統計など)あるいはジャーナリズムによるドキュメントなど、日本・アジアのキリスト教研究との関連で使えるものはかなりものとなる。問題は、それらを研究の中で関連付け、分析・解釈することであり、それには方法論が必要である。そして、方法論は文献資料に求められねばならない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR