聖書研究における社会科学的方法論

 聖書の社会教説を論じる上での方法論として、注目すべきものの一つとして、社会科学的方法があげられる(これに関しては、現在、わたくしが『福音と世界』で行っている連載においても、取り上げている)。
 2016年度に京都大学で行ったる聖書の演習(ローマ書4章)では、原典的テキストともに、新約聖書学の研究文献を並行して読んでいるが、今年度取り上げたテキストの著者ホレルは、社会科学的方法の代表的研究者である。今回は、このホレル編集による、社会科学的方法についての論集を取り上げたい。これは、この方法論についてのまとまった論集であり、この論集以降、徐々にこの方法論の意味が了解されてきていると言える。

David G. Horrell (ed.),
Social-Scientific Approaches to New Testament Interpretation,
T & T Clark, 1999.

Preface
Introduction: Social-Scientific Interpretation of the New Testament: Retrospect and Prospect
  David G. Horrell

1.Jesus the Witch: Witchcraft Accusations in Matthew 12 (1988)
   Bruce J. Malina ans Jerome H. Neyrey
2. The Earliest Christian Communities as Sectarian Movement (1975)
   Robin Scroggs
3. The Wandering Radicals: Light Shed by the Sciology of Literature on the Early Transmission of Jesus Sayings (1973)
   Gerd Theissen
4. The Socio-Redaction Criticism of Luke-Acts (1987)
   Philip F. Esler
5. 'Despising the Shame of the Coross': Honor and Shame in the Johannine Passion Narrative (1994)
   Jerome H. Neyrey
6. Christian Missions and the Theory of Cognitive Dissonance (1975)
   John G, Gager
7. The Social Level of Pauline Christians (1983)
   Wayne A. Meeks
8. Ritual in the Pauline Churches (1988)
   Margaret Y. MacDonald
9. Social Interpretation and Sacramental Activity: An Analysis of 1 Cor. 11:17-34 (1974)
   Gerd Theissen
10. 'Not Many Powerful': Approaches to a Sociology of Early Christianity (1985)
    Luise Schottroff
11.Deviance and Apostasy: Some Applications of Deviance Theory to First-Century Judasim and Christianity (1995)
   John M. G. Barclay
12. Leadership Patterns and the Development of Ideology in Early Christianity (1997)
   David G. Horrell
13. Social-Scientific Criticism of a Biblical Text: 1 Peter as an Example (1993)
   John H. Elliott

Abbreviation
Bibliography
Index of Biblical Reference
Index of Modern Authors

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR