キリスト教と資本主義あるいは貨幣

 キリスト教と近代世界との関わりは、大きな研究テーマでありさまざまな切り口が可能である。その一つに、キリスト教と近代資本主義との関係をめぐる問題が存在するが(有名なウェーバー・テーゼはこの問題に関わる)、議論は、近代では収まらない射程から、少なくとも中世との関わりに遡及することが必要であり、緻密かつ大胆な歴史的思索が要求される。
 今回は、こうした点で、現代の中世史研究の大家であり、貨幣論でも有名なル=ゴフの著書を取り上げたい。

ジャック・ル=ゴフ
『中世と貨幣──歴史人類学的考察』
藤原書店、2015年。


第1章 ローマ帝国とキリスト教化の遺産
第2章 カール大帝から封建制へ
第3章 十二世紀末から十三世紀初頭にかけての貨幣の急増
第4章 貨幣の最盛期としての十三世紀
第5章 十三世紀の商業革命における交易、銀、貨幣
第6章 貨幣と揺籃期の国家
第7章 貸付、債務、高利貸し
第8章 新たな富と貧困
第9章 十三世紀から十四世紀へ、貨幣の危機
第10章 中世末期における税制の完成
第11章 中世末期の都市、国家、貨幣
第12章 十四、十五世紀の物価、賃金、貨幣
  <補遺>中世に土地市場は存在したか
第13章 托鉢修道会と貨幣
第14章 ユマニスム、メセナ、金銭
第15章 資本主義か愛徳か
結論

訳者あとがき
原注
参考文献一覧
人名索引

 おそらく、この分野の基礎文献の一つとなるだろう。中世研究の面白さを実感させる研究書である。キリスト教研究にとっても。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR