キリスト新聞から

キリスト新聞 (第3436、2017. 4. 1) が届きました。新聞の発行日としては2017年度となりますが、わたくしの方は、本日から3日間、翻訳検討会という作業を行います。これで、わたくしは2016年度の仕事が区切りとなるはずなので、年度内の仕事にぎりぎりまで追われる状況です。先週の土曜日の宗教哲学会のシンポジウムが終わったあたりから、風邪ぎみという自覚がありましたが、その後も忙しく過ごしたため、あまり状況はよくありません。なんとか、3日間を乗り越えて、2017年度を気持ちよく迎えたいものです。

<第一面>
・「神戸国際支援機構 開学の被災孤児ら支援」
 「孤児の意志継ぎ「カヨ子基金」創設」
 「ネパールでの支援通じて決意」「ボランティア教わった〝祈りの人〟」

 「被災地へのボランティアなどを中心に活動してきた神戸国際支援機構」はこのほど「ネパール、バヌアツ、ベトナムなど、海外の被災地で親や住居を失った子どもたちを継続的に支援するために、「カヨ子基金」」を創設した。昨年10月にがんのため逝去さえた岩村カヨ子(理事長の岩村義雄さんの妻)の名を冠したもの。

「Headline/ヘッドライン」:
・「スコットランド聖公会は同性婚司式容認へ?」
・「メキシコ政府は米大統領に弱腰 カトリック教会が批判」
・「米の慈善団体「コンパッション」 インドから全面撤退」
・「「復興会合同祈願式」に宗教者らが参列 石巻市雄勝町でWCRP日本委が開催」

<第二面>
「Topics/トピックス」:
・「聖書」:「新翻訳聖書のパイロット版発行」「来年の完成目指し日本聖書協会が意見募集」
 3月9日に埼玉・大宮で聖書事業懇談会(住谷眞氏が講演)、7日に同志社大学で聖書事業懇談会(石川立氏が講演)。

・「教会」:「〝誤解されてきた「テオシス」〟」「正教会・西日本主教教区で公開セミナー」
 3月20日、講演会「」神に近づく──聖人たちの歩む道」を大阪ハリストス正教会信徒会館で開催。「テオシス」は本来は「神の愛に与り、神の道行に参加すること」。

・「文化」:「〝『沈黙』で人間の悲しみ描いた〟」「遠藤に師事した作家が町田市で講演」
 加藤宗哉氏による講演会「いま読み直す『沈黙』」が町田市民文学館ことばらんどで開催。

「Satellite/サテライト」:
・「バプ連「共同アクション」 5月3日に「憲法フェス」」
・「潜伏キリシタン文化資料館 長崎市下黒崎町にオープン」
・「「マレガ文書」研究チーム 大分県臼杵市で公開研究会」
・「福島と熊本の復興に向け WCRP日本委が団体を支援」
・募集「グリーフケア・サポートプラザ 電話ボランティアの研修実施」
・人事「国際NGOワールド・ビジョン」

<第三面>
「終活:なんでも相談室Q&A」
Q:「遺族が待たされて困惑」
A:「すべて葬儀社側の問題」
 今回のお相手:岡田守生さん(有限会社ディーズ代表取締役)

葬儀業者のモラルということらしいが。

・連載「 『沈黙』への道、 『沈黙』からの道──遠藤文学を読み解く」:金承哲(南山大学)
 「10 『死海のほとり』」「「痕跡」に悩まされた小説家の「巡礼」」
 「フォークナー」の「新しい小説の形式」「二重小説」「二つの別々の物語を経と緯として作品を織るという書き方。『死海のほとり』は、エルサレムを訪れイエスを行跡を追う「私」の物語と、2000年前にイエスに出会った人々の物語が二重螺旋のように入れ替わり、ついに一つのポイントで合一する。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR