2017年の教育の概要

 昨日は、今年度の研究の見通しについて、その概要をまとめた。これはわたくし自身ためのメモという趣旨であるが、同様の趣旨で、2017年度の教育に関しても、確認をおこなっておきたい。
 実は、本日は、2017年度のキリスト教学研究室ガイダンスが予定されており、午前中は大学院のガイダンス、午後1時から、研究室全体のガイダンス、そして午後3時からは、博士後期課程の研究計画発表、という順でプログラムは進められえうが、以下の点は、これらのプログラムでも説明される内容と重複する。
 なお、2017年度のわたくしの時間割(前期)とその概要は、すでに公表済みである。

 2017年度のわたくしが担当する授業の特徴・留意点は以下の通りである。

1.特殊講義1(火2):
 この特殊講義は、わたくしが現時点で取り組んでいる研究にもっとも近い内容を講義するものであるが、昨年度後期から、いよいよ京都大学での最後のまとまったテーマとして、「キリスト教思想と宗教哲学」へ入っている。ただし、今年度は、昨日も述べた『福音と世界』連載との関連で、現代神学が取り上げられる。もちろん、この現代神学の問題は、「キリスト教思想と宗教哲学」の内容に含まれるべきものではある。

2.特殊講義2(水2):
 もう一つの特殊講義は、概論講義と特殊講義1との中間的位置づけとして設定されたものであり、今年度は、新約聖書から宗教改革までの思想史研究が取り上げられる。その意図は、二つある。一つは、今年度のキリスト教学専修の授業では、キリスト教古代に関連した非常勤講師による授業が設定できなかったため、わたくしがそれに対応した内容を講義するという意図である。本来は、この分野の専門研究を行う常勤スタッフが必要であり、少なくとも非常勤講師による専門授業が不可欠であるわけであるが、非常勤枠が削減されてきた関係で、専門外のわたくしが可能な範囲での授業を担当することになった。ただし、不十分なりにも、近現代を専門にする者ならではの内容になるようにとは考えている。もう一つの意図は、宗教改革500周年に関わるものであり、宗教改革に関して、わたくしも、まとまった内容を扱っておきたいと考えた。

3.演習(前期:ティリッヒに関わる講読と演習、南原演習、後期:新約聖書・パウロ、内村演習、エコロジー神学の講読):
 演習は、テキストを読解し研究へと展開する訓練の場であり、人文学分野における中心的な授業である。特に、京都大学キリスト教学の演習では、世界的水準の研究に対して、新しいことを付け加えるような成果に繋がることが目標となり、本来学生にも、それだけの集中した取り組みが求められる(もちろん、この理想が、現実にどの程度反映されているかはもんだいではあるが)。
 演習という訓練場を十分に経ないで、講義関係の科目の単位を揃えて過程を終了するという者も、しばしば見られるが、京都大学キリスト教学のもっとも重要な授業を経験しないということは、まことにもったいないとしか言いようがない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR