雑誌紹介

 年度末から5月の連休にかけては、さまざまな大学や研究所から、研究雑誌・紀要をお送りいただくことが多く(こうした雑誌の少なからぬものが、年度単位で刊行されることによる)、年度の変わり目を感じさせられる。
 今回も、すでに何冊かの雑誌をお送りいただいた。まずは、次のものを紹介したい。

近世哲学会
『近世哲学研究』第20号
2017年。
 薗田坦 名誉教授 追悼号

薗田坦 名誉教授 略歴・業績一覧

「エックハルトにおける"Grund"の問題」 (薗田坦)
「ヘーゲルにおける現実と主体」 (山脇雅夫)
「ヘーゲルのセクシュアリティ──愛、快楽と必然性」 (竹島あゆみ)
「神経と宇宙──神経ネットワークの宇宙的深化についての終末論的考察」 (次田憲和)
「多元的宇宙間の断絶と連続──それ自身の他者、創発、生命の跳躍」 (冲永宜司)
「シェリングと思弁的転回──グラントのシェリング主義」 (浅沼光樹)
「実存主義再考──「再考に厳粛な学」の再興」 (安部浩)

 昨年4月にご逝去された薗田坦先生の追悼号である。薗田先生は、わたくしが大阪市立大学文学部に勤務することになった前任者であり、この間、さまざまなところで、お世話になった。業績一覧の「その他」に記載のエッセイの題目から、多くの人と人との不思議なネットワークが見えてくる。
 この追悼号の最初に収録の薗田先生の論文は、薗田先生が昭和36年に京都大学文学部に提出の修士論文とのことである。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR