キリスト新聞から

キリスト新聞 (第3438、2017. 4. 15) が届きました。今回は、イースター特集号で、通常とは紙面構成が異なります。
 今週から2017年度の授業が始まります(わたくしはすでに昨日から授業をはじめました)。仕事が混み合っていますので、今回も、キリスト新聞の内容紹介はタイトルを中心に簡略化して行います。

<第一面>
・教会の彼方
 「〝迷える羊〟は地域の中に」「「教会に還る」終着点を」
 「利用者だけでなく職員の尊厳も」「「してあげる」から「共に歩むへ」」「本格的ニーズに応えるために」

 「現代社会の中で、教会が「地域に仕える」ためには何が求められているか」、「ホッとスペース中原代表の佐々木炎氏」へのインタビュー記事。

「Headline/ヘッドライン」:
・「日基教団西中国教区靖国問題委 靖国参拝訴訟の控訴審判決に抗議」

<第二・三面>
・「キリスト教辞・事典 徹底比較!」
 「「調べる」? 「読んで楽しむ」? 使い方いろいろ」
 「阿部善彦 立教大学文学部准教授」「山本芳久 東京大学大学院准教授」
 「標準的な訳語を定着させる役割も」「信仰を理解する手ほどきとして」
  「新カトリック大事典」「岩波キリスト教辞典」「旧約新約聖書神学事典」「オックスフォード キリスト教辞典」

<第四面>
広告頁

<第五面>
「Topics/トピックス」:
・「社会」:「日基教団〝持続可能社会の実現を〟」「国際青年会議で小原克博氏や「おしどり」も」
 「エネルギー持続可能社会の実現を目指して」をテーマに、日基教団主催の「国際青年会議 in 京都」が、3月28日に同志社大学で開催。小原氏の基調講演「エネルギー飽食の時代におけるオルタナティブ──持続可能な社会と大地の休息のために」

・「音楽」:「「バッハ」テーマにオルガン会議」「オルガニストから愛好家まで220人集う」
 日本オルガン研究会主催の「日本オルガン会議」が3月24~26日に開催。

・「宣教:「国家晩餐祈祷会で「一致」祈る」「ゲストに石破茂氏、大川従道氏ら」
 第17回国家晩餐祈祷会、3月24日に、新宿の京王プラザホテルで開催。

「Satellite/サテライト」:
・「イムマヌエル綜合伝道団 千葉で第72次年会」
・「核兵器禁止条約交渉へ WCRPがハンドブック」
・「シリア難民留学生が来日 都内で歓迎レセプション」
・「「母の日」を広めよう 青山学院がコラボ企画」
・「フェリス女学院大 「全学教養教育機構」開設」
・人事「活水学院」「上智大学」「南山大学」「日本キリスト教界神学校」

<第六面>
「終活:なんでも相談室Q&A」
Q:「胎児のための葬儀もできる?」
A:「もちろんできます。」
 今回のお相手:青木義紀さん(日本同盟基督教団 和泉福音教会牧師)

・連載「 『沈黙』への道、 『沈黙』からの道──遠藤文学を読み解く」:金承哲(南山大学)
 「12 『女の一生 一部・二部』」「聖母マリアへの信仰抱く2人の人生」

 「聖母マリアへの信仰によってつながる、キクとサチ子の人生」

<第七面>
・「Book review/ブックレビュー」
・「Information/インフォメーション」
・「伝道宣隊 キョカイジャー」:「種をまき水を注ぐ者」

<第八面>
・「クライスト・フォー・オールネイションズ」(CfaN)の「東京ファイヤーカンファレンス」(5月19日~21日)の案内。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR