現代宗教思想の一断面

 本ブログでは、現代宗教やその思想動向については取り上げることはあまりないが、今回は、先日、贈呈いただいた文献を紹介してみたい。
 近現代はインド哲学・インド思想としては、日本でもラーマクリシュナやヴィヴェーカーナンダなどが知られているように思われるが、同じ不二一元論(アドヴァイタ・ヴェーダーンタ)に系譜にたつ現代のマスターに、ジャン・クライン(Jean Klein, 1912-1998)が存在する。

ジャン・クライン(伯井アリナ訳)
『われ在り I AM』
ナチュラルスピリット、2017年。

はじめに
読者の皆さまへ

1~19章

訳者あとがき

 この著書 I AM は、前著Neither This Nor That I Am の再編集とのことであるが、「訳者あとがき」によれば、「その著書の多くは彼が世界各地で行った集会やセミナーでの対話をテーマごとに編集したもの」になっており、「本書もその中の一つ」とのことで、本書は、タイトルのない、19の章から構成されている。

 次の言葉などは、インド思想の一つの伝統がよく現れているように思われる。

「19
 人間はその人生の中で、多くのことを自問します。しかし、それらはすべて、一つの問い「私は誰か?」をめぐるものです。あらゆる疑問はこの一つの問いから生まれます。ですから、「私は誰か?」という問いへの答えはすべての問いへの答え、究極の答えなのです。」(210)
「「私」のイメージは心神と同一視されています。」(210)
「「私は誰か?」という問いは「われ在り」(I AM)から湧き上がってきます。その答えは、私たちが質問する前からすでに存在しています。実を言うと、その問いは、答えから生じたものなのです。」(212)

 このインド思想的な思考、どこかで触れた記憶があるでしょうか。これは、ティリッヒが『組織神学』で指摘している「問いと答え」の関わりとみごとに重なります。

 伯井さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR