政治神学の動向

政治神学は、確実に一つの研究領域・学科として確立してきていると言ってよいと思いますが、問題は、その範囲・内実です。どの専門領域も、その視点から隣接諸学科を包括的に、自らの範囲に編入して捉える傾向があるため、学科相互の関係が曖昧になることが少なくない。ポイントは、それぞれが何をその固有性にしているかであり、実際の議論では、相互包括的な論になることは当然かもしれない。今回紹介の文献でも、「政治神学」はきわめて広範な問題領域に及んで描かれている。

Craig Hovey, Elizabeth Phillips(eds.),
The Cambridge Companion to Christian Political Theology,
Cambridge University Press, 2015.

Notes on Contributors
Preface

Part I The Shape of Contemporary Political Theology
  Mid-Twentieth Century Origins of the Contemporary Discipline
1 European Political Theology (Jürgen Moltman) 
2 Liberation Theology (Miguel A. De La Torre)
3 Public Theology (Hak Joon Lee)

  Political Theology and Related Discourses
4 Catholic Social Ethics (Lisa Sowle Cahill)
5 Protestant Social Ethics (D. Stephen Long)

  Twenty-First Century Reimaginings
6 Postliberalism and Radical Orthodoxy (Daniel M. Bell Jr.)
7 Postcolonial Theology (Susan Abraham)

Part II Contemporary Questions in Political Theology
  The contemporary Discipline and Traditional Sources
8 Scripture (Christopher Rowland)
9 Augustianisms and Thomisms (Eric Gregory and Joseph Clair)

  Issues
10 Liberalism and Democracy (Craig Hovey)
11 Capitalism and Global Economics (Phikip Goodchild)
12 Political Theology as Threat (William T. Cavanaugh)

  Ends
13 Good Rule (Peter J. Leithart)
14 Eschatology and Apocalyptic (Elizabeth Phillips)

Index  





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR