大学院進学説明会

 京都大学文学研究科は、次の世代を担う研究者の要請を中心的な目標とする大学院であり、日頃から、研究科全体で、また各専修単位でさまざまな取り組みを行ってきた。今年度、文学研究科を構成する一つの系である、思想文学系では、下記のように大学院進学説明会を開催することになった。ほかの系ではすでに行っているところがあるが、思想文化学では初めての試みである。
 当然、対象は他大学を含めた学部生ということなるが、関心のある方は、ご参加いただきたい(本ブログが、学部生にどの程度読まれているかは、心許ないところではあるが、本ブログでも取り上げておきたい。当日は、わたくしも、説明する側で参加します。お近くの心当たりの大学生にご紹介下さい)。

※事前の申し込みは必要ありません。
日時:2017年5月13日(土) 14:00〜17:00
場所:京都大学文学部 第1・2講義室 (吉田キャンパス文学部校舎)

【プログラム】
第1部 全体の説明
1.思想文化学系の魅力
2.各専修・教員の紹介
3.学生生活について
4.学生支援について
5.海外との交流について
6.修了後の進路について
7.入学者選抜試験について
8.質疑応答

第2部 各専修に分かれての説明
各専修にわかれて、選択可能な研究テーマ、修了後の進路、選抜試験に向けた勉強の方法など、より詳細な説明を行います。

 大学院を取り巻く状況は、厳しいものがあり、個々の大学院生においても同様かもしれない。この状況が変わるとすれば、国家の政策レベルでの基本的な転換が必要である(かなり以前に、本ブログでも指摘してきたように、個々の大学や個々の研究者の自助努力を超えた動向が存在する)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、今後開設の別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR