『アジア・キリスト教・多元性』15号刊行

 昨日は、『キリスト教学研究室紀要』の新刊についてお知らせしましたが、わたくしあるいはキリスト教学研究室によっても関係が深い、「アジア・キリスト教・多元性」研究会の『アジア・キリスト教・多元性』15号についても、お知らせしたいと思います。この研究会は、以前は、京都大学キリスト教学研究室を会場で開催していましたが、研究会としての組織を独立させる過程で、会場を京都大学の外部に移し、現在は、NCC宗教研究所をお借りして、月一回の研究会を開催しています。また、年度末には、一年の研究成果を電子ジャーナルとして刊行しています。今回、お知らせするのは、その15号です。
 すでに、次のアドレスで公開しておりますので、そこからそれぞれの論文をご覧いただけます。

・研究会HP:https://sites.google.com/site/asiachristianity/journals
・京都大学学術情報リポジトリ:http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/224790

内容は以下の通りです。
<特集論文:「国学者『松山高吉』のキリスト教受容と宗教理解」>
序   (洪伊 杓)
「松山高吉 ―その生涯と資料調査の現状―」 (岡田勇督)
「松山高吉の伝統宗教理解 ―「神道・儒教・仏教」三教を中心に―」 (洪伊杓)
「松山高吉の聖書翻訳原則 ―受容者としての聖書翻訳者―」 (金香花)
「国学者、松山高吉の日本語聖歌・讃美歌の翻訳と創作 ―語彙と詩形を中心に―」 (長畑俊道)
コメント (岩野祐介)

<論 文>
「南原繁における福沢諭吉 ―宗教固有の意義をめぐる哲学批判の射程―」 (柴田真希都)
「中動態の文法から見えてくるもの ―十字架の聖ヨハネの「詩作」から―」 (髙橋勝幸)
「文化統治期(1920-30年)における韓国キリスト者の〈内地=日本〉認識」 (洪伊杓)
「淵澤能惠の朝鮮女子教育 ―淑明女学校設立における日本組合基督教会と朝鮮総督府との関係―」 (神山美奈子)
「19-20世紀東アジアにおけるキリスト教出版の諸関係と動向 ―韓国のプロテスタント教会の出版を中心に―」 (洪承杓)

<研究ノート>
「東アジア・キリスト教研究の可能性―現状と課題―」 (芦名定道)
「日英救世軍の初期幻燈上映における「場」の影響 ―娯楽と社会教化の狭間で―」 (山本美紀)

< 書 評 >
「柳父圀近『日本的プロテスタンティズムの政治思想 ―無教会における国家と宗教―』」 (渡部和隆)

2016年度 活動報告
あとがき  

 冒頭の特集論文は、昨年度の日本宗教学会・学術大会でのパネル発表を論文化いただいたものであり、この研究会の共同研究の成果というべきものです。そのほかに、論文5篇、研究ノート2篇、書評1篇が収録され、充実した研究活動をご理解いただけるものと思います。
 5月26日の午後には、この5号に関して、合評会を行います。会場はNCC宗教研究所です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR