ガリレオ研究

 ガリレオ研究は、宗教と科学というテーマを研究している立場からは、関心の対象とならざるを得ない位置を占めている。日本でガリレオについて考える際に欠くことができないのは野、基本的なテキストのしっかりした邦訳の存在であろう。
 このたび、『星界の報告』の新しい訳をいただいた。このテキストは、トスカナ大公の献呈されたもので、比較的小さなものである(邦訳で、80頁程度)。しかし、ガリレオの天体観測についての基本的な文献であり、興味深い(月面から木星の衛星へ。「ガリレオの科学、そして現代社会の基礎になっている自然科学の誕生過程について、できるだけ多くの方に理解を深める機会を持っていただけたらと思います」114頁)。新しい邦訳は、訳者の詳細な解説(30頁程度)と、文献案内が付されており、その点も、お勧めである。

ガリレオ・ガリレイ、伊藤和行訳
『星界の報告』
講談社学術文庫、2017年。

凡例

献辞
天文学的報告
  第一章 覗き眼鏡[望遠鏡]
  第二章 月の表面
  第三章 恒星
  第四章 メディチ星[木星の衛星]

訳者解説
  一 望遠鏡に出会うまで
  二 望遠鏡との出会い
  三 望遠鏡による天体観測
  四 『星界の報告』
  五 『星界の報告』刊行以後
 
文献案内・読書案内

 この文献案内・読書案内にも含まれているが、訳者自身によるガリレオ研究としては、次のものが存在する。

伊藤和行
『ガリレオ──望遠鏡が発見した宇宙』中公新書、2013年
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR