ティリッヒ研究の動向

 久しぶりのティリッヒ研究の紹介です。
 京都大学のわたくしの演習では、昨年度よりアメリカ亡命期のティリッヒの講義録を取り上げていますが、これは、現在のティリッヒ研究の最新の動向の一つと言えるものです。前期ティリッヒから中期への思想展開をそこで分析することが可能であり、さまざまな新たな発見がなされています。といわれても、その内実はイメージしにくいと思いますが、わたりにくいかもしれませんが、まさにこの亡命期のティリッヒを扱った研究論集が刊行されました。現在のティリッヒ研究をリードする研究者が寄稿していますが、その分析力はどの程度でしょうか。

Christian Danz und Werner Schüßler (herausgegeben von),
Paul Tillich im Exil (Tillich Research 12),
De Gruyter, 2017.

Vorwort (Christian Danz und Werner Schüßler)

・Between two Worlds -- Paul Tillich im Exil (Christian Danz / Werner Schüßler)
  Einleitung

・Paul Tillich im Exil (Friedlich Wilhelm Graf)

l .Exilanten-Netzwerke
・Kulturelle Netzwerke des deutschsprachigen Exils in den USA (Primus-Heinz Kucher)

・Interpretations of History Out of Revolution and Exile. (Christian Roy)
  The Correspondence Between Eugen Rosenstock-Huessy and Paul Tillich

・Frankfurter Streitkultur im Exil (Christian Danz)
  Horkheimer, Adorno und Tillich über Anthropologie

ll. Council for a Democratic Germany
・Kairos und 'Dritte Kraft' (Claus-Dieter Krohn)
  Paul Tillichs Dislurs- und Kampfgemeinschaft mit Adolf Löwe für eine freie und gerechte Gesellschaft

・"Die Nicht-Unterscheidung von Theorie und Praxis" (Alf Christophersen)
  Paul Tillich, Emil Ludwig und der Council for a Democratic Germany

・Für Deutschland, nicht gegen Deutschland -- Paul Tillichs Sicht auf Ursachen und Funktionsweise der NS-Diktatur (Winfrid Halder)
  Eine Analyse seiner Radioanspruchen für die 'Voice of America' (1942-1944) im Vergleich mit Thomas Manns Dadiosnspruchen für die BBC (1940-1945)

lll. Paul Tillich und die amerikanische Theologie
・Tillich's American Theology on the Boundary between Native and Alien Land (Mary An Stenger)

・Tillich and American Theology (Frederick J. Parrella)

lV. Tillichs Frühe Vorlesungen im Exil
・Tillichs New Yoker Vorlesungszyklus ,Advanced Problems in Systematic Theology ' (1936-1938)
(Erdmann Sturm)

・'The doctrine of man as the present approach to theology' (Martin Fritz)
  Tillichs Anthropologie im Ünergang von Deutschland in die USA

・Tillichs 'existentialistic turn' (Werner Schüßler)
  Seine Wende von der Transzendentalphilosophie zur Existenzphilosophie un der Zeit des Übergangs von Deutschland in die USA

V. Theologie im Exil
・Das Exil in der 'Systematischen Theologie' Paul Tillichs (Notger Slenczka)

・Religion im Exil (Wilhelm Gräb)

・Die Tillichrezeption im deutschsprachigen Raum von 1933-1965 (Georg Neugebauer)
  Ein exemplarischer Überblick

Autorenverzeichnis
Personenregister
Sachregister

 第一部から第三部までの議論は、その研究テーマの設定はこれまでも行われてきたものであり、内容はある程度想像可能なものです。それに対して、今後ティリッヒの思想研究で追求されることになるのは、第四部と第五部での問題であり、京都大学の演習で注目しているのは、まさにこの部分です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR