黒人神学の動向2

 黒人神学の代表と言えば、ジェームズ・コーンが挙げられますが、続く世代の中で、有名なのが、コーネル・ウェストであり、著作の邦訳もなされています。従来の黒人神学の範囲を大きく超えた領域で積極的に発言し行動しているのが特徴であり、神学者と言うよりも哲学者という知られているでしょうか。今回取り上げるのは、すでに邦訳が『民主主義の問題』として存在するものですが、原著の方の目次は次のようになります。

Cornel West,
Democracy Matters. Winning the Fifht against Imperialism,
The Penguin Press, 2004.

1. Democracy Matters are frightening in our time.
2. Nihilism in America
3. The deep democratic tradition in America
4. Forging new Jewish and Islamic Democratic identities
5. The crisis of christian identity in America
6. The necessary engagement with youth culture
7. Putting on our democratic armor

Acknowledgements
Index
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR