キリスト新聞から

キリスト新聞 (第3445、2017. 6. 17) が届きました。この紙面でのキリスト新聞は、いよいよ最終となります。7月からは新紙面(月3回、タブロイド版・8頁、電子版同時配信)となります。旧紙面でのキリスト新聞の最後の数年間を本ブログで紹介できてよかったと思います。

<第一面>
・「教会の彼方」「「ゆるいキリスト教」の再発見」「御受難修道会司祭・来住英俊」
「『キリスト教は役に立つか』で書きたかったこと」「
「信仰さえあれば何でもできる?」「「正しさ」そのものが福音ではない」
 「連続インタビュー「教会の彼方」の最終回は、「物言う」神父の原動力に迫った」
 
 「正しさ」と「福音」とはいかなる関わりになるのだろうか。「正しさ」を「正義」と解すれば、非福音化し福音を自称する「福音」を正すのは、「正しさ」ではないのかなど・・・。あれかこれかと堅く考えることが問題を複雑にしないのか。あるいは、「正しさ」を判断し、行使するのが、人間である点が難点なのかもしれない。

「Headline/ヘッドライン」:
・「韓国・文大統領がWCC代表団と協議 朝鮮半島の平和へ教会の役割強調」
・「教皇がエジプトのテロ犠牲者のために祈り テロリストたちに回心呼び掛け」
・「〝「信教の自由」の侵害繰り返すな〟 新宗連が安倍首相宛に意見書」

<第二面>
「Topics/トピックス」:
・「社会」:「あきらめず信仰に立って行動を」」「宗教者270人が「共謀罪」反対訴え」
 「『共謀罪』反対・憲法改悪阻止をめざす宗教者・信者全国集会」が5月31日、日本教育会館」で開催。集会後、平和行進。

 もう一段階のレベルアップが必要か。

・「教育」:「信仰的な未来望むため過去に学ぶ」「NCC教育部が「平和教育資料センター」開設」
 日本キリスト教協議会(NCC)教育部、5月29日に、東京・早稲田の日本キリスト教会館の同事務所内に「平和資料センター」を開設。

 一度、見学に行きたいものである(9月?)。

・「教育」:「平和訴える武田美通氏の造形作品」「恵泉女学園が全作品を保管する協定締結」
 恵泉女学園「花と平和のミュージアム」は造形作家の武田美通氏の全30作品を保管する協定を「武田美通・鉄の造形〝戦死者海良のメッセージ〟を広める会」と締結。

・「伝道」:「100%自分をイエスにささげて」「「ファイアーカンファレンス」が日本初開催」
 ドイツ伝道者ラインハルト・ボンケ氏が創設した伝道団体「クライスト・フォー・オールネイションズ」が、5月19日~21日、ベルサール高田馬場で、伝道大会「ファイアーカンファレンス」を開催した。

「Satellite/サテライト」:
・「日基教団部落解放センター 〝7月9日〟へパンフ作成」
・「二つの単立教会が合流 ビサイドチャーチ東京誕生」
・「東京6大学の進学相談会 7月2日に大阪で開催」
・「聖心女子大が23日にシンポ グローバルプラザ開設記念」
・「ミクロネシアの人材育成支援 上智大が留学生受け入れ増強」
・「立教大、青山学院大 法科大学院の募集停止」
・人事「太平洋放送協会」

<第三面>
・終活「なんでも相談室 Q&A」
Q:「葬儀社の質をどう見極める?」
A:「遺族に寄り添う気持ちがあるか。」
今回のお相手:青木義紀さん(日本同盟基督教団和泉福音教会牧師)
 
 「終活なんでも相談室」も、この号で終了とのことです。
 
・連載「 『沈黙』への道、 『沈黙』からの道──遠藤文学を読み解く」:金承哲(南山大学)
 「最終回 『イエスの生涯』」
 「「奇跡よりもっと深い愛」の神秘」

 「小説『沈黙』を書き終えて以後、数年の間私は日本人につかめるイエス像を具体的にどう書くかという課題を自分に課した」生かしたと遠藤が「あとがき」で述べるように、『イエスの生涯』は、キリスト教は日本の土壌にどのような花を咲かすことになろうか、という問いへの答えだった」。
「奇跡よりももっと深い愛」を物語るイエスの生涯。

 奇跡を「奇跡対科学」という図式から解放することが必要かもしれない。
 もっとも読み続けたかった連載も、今回で最終回。金先生、ご苦労様でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR