脳科学とキリスト教思想

 「脳科学とキリスト教思想」というテーマについては、本ブログでも扱ってきたものであるが、この夏に、このテーマで論文を執筆することになり、現在、その構想を検討中である。基本的には、次の二つのポイントを設定している。

・「宗教哲学」との関連付けを行うこと。これは、論文が掲載される雑誌(学会)の性格との対応ということを考慮してのことではあるが、もちろん、事柄自体という面からの判断でもある。

・これまでの議論をさらに延長すること。これが行われないとすれば、何のための論文執筆かということになる。これまでの議論を一歩前に進めることが、最大の懸案事項である。現在の構想では、脳と心という連関を、人格・キリスト教思想へより明確に展開する予定である。この展開は、すでに、「脳神経科学からキリスト教思想へ」(京都大学キリスト教学研究室『キリスト教学研究室紀要』第2号、2014年3月 pp.1-14)で踏み出された方向性であるが、今回は、これをさらに先へと進めてみたい。
 
 以上のために参照される文献は当然一定数にのぼることになるが、たとえば、次の文献である。

小坂井敏晶
『責任という虚構』
東京大学出版会、2008年。

はじめに
序章 主体という物語
第1章 ホロコースト再考
第2章 死刑と責任転嫁
第3章 冤罪の必然性
第4章 責任という虚構
   矛盾をどう解くか/
   因果関係再考/
   自由の意味/
   刑罰の根拠/
   正しさの源泉
第5章 責任の主体
   集団責任の認知構造/
   集団道徳責任/
   同一化と道徳的汚染/
   責任概念の歴史変遷/
   責任の正体/
   精神鑑定の役割/
   犯罪者の成立/
   死刑の真相
第6章 社会秩序と〈外部〉
結論に代えて

あとがき
引用文献
索引
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR