シャンタル・ムフ3

 ムフの文献でわたくしの研究室に所蔵の文献を、順次紹介します。気がつけば、かなり集まりました。
 The Return of the Political に続く、論集です。

Chantal Mouffe,
The Democratic Paradox,
Verso, 2005(2000).

Acknowledgments
Foreword
Introduction: The Democratic Paradox

1 Democracy, Power and "The Political"
2 Carl Schmitt and the Paradox of Liberal Democracy
3 Wittgenstein, Political Theory and Democracy
4 For an Agonistic Model of Democracy
5 A Politics without Adversary?

Conclusion: The Ethics of Democracy
Index

 基本的には、先の論集の延長線上での議論の展開であるが、先の論集よりも、読みやすい印象である。なお、本論集も、邦訳が存在する。

シャンタル・ムフ
『民主主義の逆説』
以文社、2006年。

 政治的なものと逆説という議論は、シュミットからアガンベンに展開されたテーマであり、民主主義に関わる基本的認識である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR