最近のメモから

 久しぶりに、わたくし自身の記憶のために、メモを掲載します。

1.「霊」とはいかなる、リアリティか。
 「霊」は、きわめて、捉えにくい、表現しにくい、伝達困難な存在である。聖霊論が困難であることの一因はここにある。さしあたり、霊は、「物体」「物質」ではない、これらと対照的であると述べることは可能であろう。しかし、「モノ」との関係はより複雑であり、人類は古くは、霊といわば「物質的」なイメージで捉えていた、つまり、霊の理解は、「モノ」的であったことに、注目することが霊を論じる上で不可欠である。古くは、霊的なもの、愛、恩恵、そして罪は、すべて「モノ」的であり、これは、次第に内面化され、精神化され、近代・現代に至っていると言える。しかし、「モノ」のイメージは頑強に持続している。
 たとえば、民数記11.10-25の部分は、この点で興味深い。特に、25節「主は雲のうちにあって降り、モーセに語られ、モーセに授けられている霊の一部を取って、七十人の長老にも授けられた。霊が彼らの上にとどまると、彼らは預言状態になったが、続くことはなかった」である。
 ここで語られる「霊」の分割は、霊がモノ的であると考えるとわかりやすく、日本の神々においても、同様の事象はいくらでも見出すことが可能である。
 以上とともに、霊の性格で重要になるのは、霊は「個別性」(個々の人間に応じて)に関わることである。霊の個別性に基づく霊の多様性は、役割・機能の多様性とそれらの統一性という仕方で展開すると、「教会」の霊性としてイメージできるようになる。
 問題は、この霊的多様性の一致(霊的一致、一つの霊)をどのようにモデル化するかである。一つは、ヒエラルキー、もう一つは、機能的区別を含む平等性(万人司祭)であり、どちらのモデルも、キリスト教の歴史を貫いて存在する。

2.歴史の表層と深層、あるいは多層。
 歴史は、しばしば多層的な仕方での理解を要求する。自然のプロセスから個人の内的で実存的なプロセスまで、この中に歴史は位置している。したがて、歴史理解には、表層と深層という区別が必要になる。キリスト教的には、これらにくわえて、神の経綸・予定・摂理といった事柄が問題になり、神に関しても、内在的と経綸的のいわば多層(永遠と時間との間)が問題となり、議論はきわめて複雑になる。
 こうした問題を考える上で、やや忘れられた感があるが、再読したいと思うのが、次の文献である。

Carl Michalson,
The Hinge of History. An Existential Approach to the Christian Faith,
Charles Schribner's Sons, 1959.

 この文献には、野呂芳男、小田垣雅也の共訳が存在するが、こちらも、すでに半世紀前の訳になってしまった。
 1950年代から60年代にかけての「実存」をキーワードにした多くの思索は、今後、どのような扱いなるのだろうか。流行を追求するのに忙しいキリスト教思想では、現時点では、忘却されつつある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR