FC2ブログ

『福音と世界』から

『福音と世界』 2019. 10 (新教出版社)が届きました。
 9月も下旬になると秋の季節が感じられます。9月の一連の学会行事は、無事に終わり、わたくしにとっても、いくつかの収穫がありました(すでに本ブログで紹介)。もちろん、今後も学会関係の仕事は続きます。10月12日(土)には、宗教倫理学会が京都大学文学研究科で開催されますが、当面はこれが問題です。そもそも、来週から、非常勤先で後期授業が開始されますので、のんびりしている場合ではありませんが(というか、のんびり気分の夏ではありませんでした)。

 10月号の特集テーマは「朝鮮半島と日本のあいだ」です。9月号の沖縄問題とともに、最近に日本が直面する問題は、朝鮮半島、これが10月号のテーマです。問題は、日本を含む国際関係をどのように解読するかであり、多くの議論がなされてきましたが、どうもすっきりした気がしません。自明な議論を疑うことだけでは十分ではなく、近代以降の動向の文脈との関連付けが問われるように思います。ともかくも、朝鮮半島、日本を含む東アジアの状況は、10年後には一変している可能性があるのは確かです。

 収録された論考は以下の通り。

・「言説の布置を見る──歴史修正主義とあいちトリエンナーレ事件をめぐって」
 (倉橋耕平)
・「「慰安婦」を忘却させる植民地主義とポストフェミニズム───『帝国の慰安婦』、スピヴァク、ポストコロニアル」
 (菊地夏野)
・「日本と、絶望と、私と、韓国」
 (長尾有起)
・「わたしはあの中黒にいるのだと思う」
 (金村詩恩)
・「未完の2・8独立宣言──在日韓国YMCAにきく100年目の問い」
 (取材:編集部)

 特集のあとには、次の論考・報告です。
・菊地純子:「もう一つの宗教改革発見のたび──日本・ドイツ・スイス教会協議会報告」

続いて、連載。
・土井健司「教父学入門」2:「ローマのクレメンス──使徒教父(1)」
 今回は、教父の出発点である使徒教父。ローマのクレメンスは代表的。「騒動の原因としての「嫉妬」」という議論は興味深い。

「福音の地下水脈」:「第23回:町田康(後編)」
 「一瞬の救いを、何度でも」
 今回が最終回です。ご苦労様でした。

「神の酒」:「第7回 マムシ酒のエンパワメント」
 (石井光太)

「バビロンの路上で」7.「アイリッシュ・ウイスキーをあおり、「キリストの死」をアル・ケイブと夜な夜な語る」
 (マニュエル・ヤン)

「遺跡が語る聖書の世界」10.エルサレム神殿
 (長谷川修一)

 神殿神学をどう論じるのか。考えてみたい、宗教学的テーマです。
 
最後は、次の連載です。
・内田樹「レヴィナスの時間論──『時間と他者』を読む」54
 今回は、慈愛の秩序(他の人間を隣人として、最初に来た人として受け入れる)と正義の秩序(他者に優先順位をつけ、誰をまず愛するかについて判断する。選択の問題)との関係がテーマです。

「慈愛と正義は、私たちの世界を秩序立てたものとして維持するためには欠かすことができない二つの原理である。」「二つの原理を両立させるためには、これらが働くときを「ずらす」必要がある。時系列上に遠ざける必要がある。」
「正義の執行される場において他者の他者性は顧みられない」、「正義が正義としに過ぎないように、正義をたわめる営みが、今後は正義の制度や国家に権威によってではなく、個人によって担わなければならない。」

愛と正義という問題系は、多くの思想家が共有するものです。ティリッヒもリクールも。国家に対する市民社会の存在意義。国家は万能ではない。
以上で「権力と他者との関係」という節が終わる。次に来るのが、「エロス」という主題。両者をつなぐのは、「際立って他なるものとは何か?」という問い。

レヴィナスは「分有のプラトン的法則」に基づく哲学的定義とはまったく異なった「エロス」を論じる。「絶対的に反対的な反対者」=「女性的なもの」。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR