FC2ブログ

ワークショップのご案内

 アジア太平洋地域キリスト教関連資料活用ネットワークによるワークショップが、今週土曜日に開催されます。
 すでにまとまった研究成果が存在する研究テーマではなく、今後、どんな研究が可能かという可能性を探るワークショップです(もちろん、一つ一つの研究発表は、充実したものとなるはずです)。言わば、キリスト教研究と英語学研究のコラボであり、全体としてどんな可能性が明らかになるかがポイントです。
 わたくしをはじめ、京都大学キリスト教学研究室に関わり方々も発表しますので、関心のある方は、ご参加ください。
 参加費無料、予約不要。

・テーマ: 「移住と伝播――アジア太平洋地域におけるキリスト教関連資料、およびその活用」
・日時:1月11日(土)午後13時30分~18時
・会場:京都大学文学部校舎2階第6講義室(吉田キャンパス本部構内)

・プログラム
開会 家入葉子 (13時30分~13時40分)

参加者による報告①(13時40分~14時40分)
洪伊杓 「19-20世紀朝鮮半島における日米キリスト者の移住と伝播」
芦名定道 「アジア太平洋地域のキリスト教の相互交流――アメリカ・ハワイ、日本・沖縄、台湾」

休憩(14時40分~14時50分)

参加者による報告②(14時50分~16時20分)
家入葉子・福永眞理子・守家輝 「19世紀ハワイのキリスト教関連資料のコーパス化、およびその言語分析」
朝日祥之 「ハワイの日本語形成における社会ネットワークと宗教の役割」
Stig Lindberg 「ハワイのキリスト教コミュニティと日本人――安藤太郎(在ホノルル日本国総領事)を中心に」

休憩(16時20分~16時30分)

参加者による報告③(16時30分~17時30分)
吉田亮 「19世紀末~20世紀初頭、ハワイ・日本プロテスタント関係史――O. H. Gulickを中心に」
廣部泉  「シドニー・L・ギューリック――日米関係改善に向けて」

全体討議(今後の展望)(17時30分~17時50分)

閉会 芦名定道(17時50分~18時00分)

  
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR