FC2ブログ

グラーフ博士来日記念講演集

 昨年10月に、来日し、日本の各地で講演を行った、グラーフ博士の来日記念講演集が刊行されました。京都大学での講演も収録されています。最近のコロナウィルス対応で忙しくしている関係か、グラーフ博士の来日からまだ半年しか経過していないことに驚かされます。

フリードリヒ・ヴィルヘルム・グラーフ(安酸敏眞監訳)
『真理の多形性──F・W・グラーフ博士の来日記念講演集』
北海学園大学出版会、2020年。

訳者まえがき

第一部 講演編
 第一章 ヨーロッパの多様性とEUの現状
 第二章 宗教とグローバル化
 第三章 人文学の学問性をどのように担保するのか
      ──研究不正と戦うためにのガイドライン
 第四章 十九世紀ドイツの学問的神学をめぐるパラドクス
 第五章 トレルチ『社会教説』の現代的意義
 第六章 イエスを信じること、イエスが私たちを信じること
      ── 『マタイによる福音書』第十六章十三─二十節についての説教

第二部 論文編
 論文一 真理の多形性
      ──ドイツ文化プロテスタンティズムの今日的意義について
 論文二 近現代の宗教を解釈する
      (『神々の帰還─近現代文化における宗教』より一部抜粋)

[付録] 私の「日本滞在記」

解題 グラーフ博士と「真理の多形性」
フリードリヒ・ヴィルヘルム・グラーフ教授 主要業績

索引

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR