デジタル媒体によるキリスト教研究

 これまで、本ブログの「雑感」カテゴリを借りて、大学などの研究機関を超えたキリスト教研究の可能性と意義について論じてきた。こうした可能性を現実化する上で重要なポイントの一つは、現在は紙媒体の文献を集積している図書館とデジタル空間との接続であり、環境整備は様々な仕方で試みられている。多くの文献を自分の自由な時間に自宅で調査・参照することが容易になるのはそれほど遠い将来ではない。

 キリスト教思想・神学において、こうした動きを促進する試みとして、GlobeTheoLibの企画が存在し、スタートから1年あまりが経過した。

 これは、WCCとの協力によって、Globethics.netが行っているサービスであるが、これと類似の様々な取り組みが相互に結びつくことにより、キリスト教的知の在り方が大きく変貌することも考えられる。問題は、この変貌した知が積極的に何を生み出すかであって、ともかくも関心のある者は、こうした企画に登録し、実体験することをお進めしたい。

 以下、GlobeTheoLibのHPより紹介文を転載。

The Global Digital Library on Theology and Ecumenism (GlobeTheoLib) is a multi-lingual global digital library on theology and ecumenism that offers access to more than 500,000 texts, documents and other academic resources.

GlobeTheoLib aims to:

use new digital models of information exchange to create greater visibility for theological knowledge and insights from churches of the global South;
make use of information and communication technologies to counter imbalances in global theological education systems;
respond to the needs of theological colleges, faculties and institutes for quality resources for theological education and research;
overcome barriers to accessing existing digital content;
support and enable well-equipped participation in the teaching of Christian theology, the generation of ecumenical and intercultural perspectives, and the formation of a new generation of ecumenical leaders.
GlobeTheoLib has a special focus on intercultural theology and ecumenism, including contextual theologies, world mission and missiology, gender and theology, interreligious dialogue, theological education, and World Christianity.

GlobeTheoLib is a project of Globethics.net and the World Council of Churches, with other international partners.

For individual registered participants, such as theological researchers, educators and students, GlobeTheoLib offers free-of-charge access to:

journals, magazines, books, training material, dissertations and news documents on theology and ecumenism, with a focus on full text documents
licensed content such as journals, reference works, and e-books
Registered participants may also submit their own documents and publications to GlobeTheoLib.

Participants have access to other online libraries of Globethics.net, such as the Global Digital Library on Ethics, as well as the networking facilities and online workgroups of Globethics.net.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR