原発は小さな問題か?

 宗教学者熊田一雄氏のブログ「熊田一雄の日記」(http://d.hatena.ne.jp/kkumata/)に、「子安宣邦氏の石原慎太郎批判」という記事が掲載されていましたので、本ブログでも以下に転載させていただきます。

以下、転載(一部省略、全文は、熊田氏のブログをご覧下さい)。

《思想史家子安宣邦先生の、2012年10月28日(日)付けツイートより》


「原発問題を小さなことという石原にとって大なることとは何か。それは日本である。強国日本の世界的存立の主張である。・・・

・・・彼らとどう戦うのか。われわれは石原が小さいことというその事によって戦うべきだろう。原発とはわれわれだけではない、新たな世代の生命にかかわる問題である。原発とはわれわれの生命と生活にとって根底的な問題だ。

この時代遅れの国家主義的野心家はよくいってくれた。「原発などは小さいことだ」と。この権力的な、国家主義的野心家どもとの戦い方を教えてくれた。われわれは原発問題で戦おう。だれがわれわれの生命を守り、だれがわれわれの生命を蔑ろにするのかと。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR